野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ5、高卒捕手が目指す偉大な先輩の姿 「どういうことを意識しているか…」

パ・リーグ連覇を成し遂げた埼玉西武ライオンズ。森友哉捕手は捕手として史上4人目となるパ・リーグ首位打者に輝き、強力打線をけん引した。その背中を追う18歳のルーキーは、ファームで1年目を終え「身体をしっかり鍛えられた」と充実感を滲ませた。19年に入団した選手を紹介する最終回は、ドラフト5位の牧野翔矢捕手だ。

先輩からはキャッチャーミットの構え方に注文「ボールならボールではっきり」

「先輩にはベンチに戻ったときに構え方などを聞いています。武隈さんには『構え方が甘い。友哉はもっと厳しく構えている。ボールならボールではっきり構えろ』と言われました。1軍で活躍するキャッチャーはそうなんだなと思って、心がけています。先輩に指示を出すことに最初は抵抗がありましたが、みんな優しいので遠慮なくやらせてもらっています」

 プロの投手の球を実際に受け、球の速さや切れが今までとは全く違うことに驚いたが、いい球を捕ることができて楽しいと笑顔を見せる。

「いいピッチャーのボールを捕れることは、キャッチャーとしては一番嬉しくて楽しいです。多和田さんは配球を自分で考えてくれるので勉強になりますし、今井さんは球が速くて見逃し三振が取れる。『バシッ』と決まると気持ちいいですね」

 ヤクルトからドラフト1位指名を受けた星稜の奥川恭伸投手、奥川の女房役で巨人から5位指名を受けた山瀬慎之助捕手とは中学生の時に対戦がある。

「奥川は球が速かったです。山瀬はとにかく肩が強い。持って生まれたものだと思います。2人の甲子園での活躍は嬉しくて友達感覚で応援していましたけど、プロで対戦するとなったら負けられないですね」

 強肩がアピールポイントだったが、プロの世界には肩が強い捕手が多いと実感し、生き残っていくために守備、打撃すべてをレベルアップしたいと力を込める。正捕手を目指す18歳は、打って守れる捕手になるため、多くを学びながら成長を続ける。

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」