野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左膝骨折のハム上沢、現在の状態は…来年6月18日までの復活誓う「一番遅くとも」

日本ハムの上沢直之投手が29日に札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円減の6000万円+出来高でサインした(金額は推定)。6月18日のDeNA戦で左膝蓋骨を骨折してリハビリ中の右腕は、遅くとも来年6月18日までの復活を誓っている。

契約更改を行った日本ハム・上沢直之【写真:石川加奈子】
契約更改を行った日本ハム・上沢直之【写真:石川加奈子】

リハビリ中の支えになる愛娘の存在「そう思わせるために生まれてきてくれたのかな」

 日本ハムの上沢直之投手が29日に札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円減の6000万円+出来高でサインした(金額は推定)。6月18日のDeNA戦で左膝蓋骨を骨折してリハビリ中の右腕は、遅くとも来年6月18日までの復活を誓っている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 初めて開幕投手を任され、エースの自覚を持って臨んだシーズン。13試合に先発してクオリティースタート(6回以上を投げて自責3以下)を8度記録するなど粘りの投球を見せ、好感触をつかみかけた矢先の事故だった。「調子が上がってきたからこそ、ケガで離脱は悔しかったです。あのケガは防ぎようがないし、仕方ないと思いましたけど、また試練にぶつかっている感じは正直ありますね」と率直な思いを打ち明けた。

 支えになったのは、今月20日に誕生した愛娘の存在だ。用意したベビーベットやベビーカーを見る度にうれしさがこみ上げ、地味できついリハビリを続けるモチベーションになった。「運命? そういう風に考えるようになりましたね。奥さんの体調が悪い時に近くにいてあげられたのは良かったし、そう思わせるために生まれてきてくれたのかなとか。頑張らなきゃなと思いますね」と新米パパは相好を崩した。

 現在は、ウエートトレーニングとネットスロー、20メートルほどの距離のキャッチボールなどを行っている。来週からジョギングを始め、キャンプまでにしっかり距離を取ったキャッチボールができる状態にしたい考えだ。「そうしたら、キャンプ中にピッチングにいけると思うので。そう考えたら、開幕には間に合わないと思うんですけど、そこまで遅くならないんじゃないかな」と見通しを語った。ただ「後戻りが一番良くない」と慎重にステップを踏むつもり。「一番遅くても、僕がケガした日には復活したいですね。6月18日までには」と忘れられないあの日を口にした。

 年俸は1000万円ダウンしたが、出来高が付き、来季取り返せるように配慮してもらった内容だという。「今年、辛かった分、来年はたくさん笑えるのかなと期待して、リハビリに取り組んでいきたいと思います」と前向きに語った上沢。2桁勝利についても「これだけ大きいケガをしたら難しいと思いますけど、そこを目指すのは先発ピッチャーの宿命。ケガの状況はうんぬんにして、目指したいなというのは正直あります」と貪欲に挑む覚悟を示した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」