野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セパ両リーグで走者を出しにくかった投手は誰? 投手指標から見るNO1投手は…

セイバーメトリクスの投手の指標である「WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched)」。1イニング当たりに安打、四球で許した走者数の平均を現すものである。これが低いほど、走者を出しにくい投手ということになる。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

WHIPは1イニング当たり、どれくらい走者を出すか測る指標

 セイバーメトリクスの投手の指標である「WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched)」。1イニング当たりに安打、四球で許した走者数の平均を現すものである。これが低いほど、走者を出しにくい投手ということになる。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 計算式は「(被安打+与四球)÷投球回数」で表され、死球を含まない点が、出塁率など従来の指標と異なっている。アメリカではWHIPは早くから認知され、MLBの公式サイトにも使用されている。

 今季、NPBで100イニング以上投げた投手のWHIPについてみてみよう。

○パ・リーグ
1 有原航平(日)0.92(164.1回111被安打40与四球)
2 山本由伸(オ)0.96(143回101被安打36与四球)
3 高橋礼(ソ)1.14(143回114被安打49与四球)
4 千賀滉大(ソ)1.16(180.1回134被安打75与四球)
5 山岡泰輔(オ)1.17(170回154被安打45与四球)
6 ニール(西)1.176(100.1回103被安打15与四球)
7 美馬学(楽)1.183(143.2回146被安打24与四球)
8 石橋良太(楽)1.19(127.1回116被安打35与四球)
9 二木康太(ロ)1.22(128.2回127被安打30与四球)
10 大竹耕太郎(ソ)1.24(106回111被安打20与四球)

 WHIPは1.00を下回ると優秀とされる。1位の有原は与四球は40でそれほど少なくはないが、被打率.191と100イニング以上投げた投手の中では最も優秀。安打をなかなか許さなかったことがWHIP1位につながった。

 オリックスの山本は快速球と高速カットボールが武器。被打率は有原に次ぐ.200だった。奪三振王のソフトバンク千賀は与四球もリーグ最多の75。WHIPは1.16と平凡な数字になっている。100イニング以上でWHIPが悪いのは西武の高橋光成の1.54。今季は10勝を挙げたが、たくさんの走者を出した。課題は多いといえるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」