野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武平井がこじ開けたサクセスロード 「もう鈴鹿に帰りたい」から3年足らずで1億円到達

西武の平井克典投手が3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、6500万円アップの年俸1億円でサインした(金額は推定)。

契約更改に臨んだ西武・平井克典【写真:安藤かなみ】
契約更改に臨んだ西武・平井克典【写真:安藤かなみ】

中心選手としての自覚も芽生える「背中で引っ張っていきたい」

 西武の平井克典投手が3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、6500万円アップの年俸1億円でサインした(金額は推定)。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 今季プロ野球史上歴代2位となる81試合に登板した「平井さま」が、ついに大台に到達した。セットアッパーとして開幕からフル回転し、僅差での勝ちパターン、同点、回跨ぎ……。状況をいとわず、変則フォームから投じる直球とスライダーのコンビネーションで、パ・リーグの名だたる強打者たちをねじ伏せてきた。

 シーズン後半は調子を落としたものの、その快刀乱麻のピッチングでチームの窮地を幾度となく救ってきた右腕は「想像以上に評価していただいた」とニッコリ。プロ入り3年目で、スター選手の仲間入りを果たした。

「僕みたいな選手が、ここまで来られると思っていなかった。夢のようだし、夢の世界。実感がない」。2016年ドラフト5位でホンダ鈴鹿から西武に入団した当時25歳のオールドルーキーだった平井。「(プロの世界で)やれるなんて思っていなかった。キャンプでレベルの違いを痛感していた」と入団当時を振り返ったように、プロとのレベルの差を埋めることができないままルーキーイヤーは開幕1軍入りを逃した。

 即戦力と言われながらも1軍のマウンドは遠く、西武第二球場のグラウンドで黙々と投げ込んだ。隣接するメットライフドームから聞こえてくる声援をよそに、2軍戦でも打ちこまれる日々が苦しかった。自信を失いかけ、「もう、鈴鹿に帰りたい」と漏らしたこともあった。平井が1軍昇格を勝ち取ったのは5月末。中継ぎとして登板を重ねるうちに首脳陣の信頼を獲得していくと、その年の7月中旬から15試合連続無失点を記録するなど抜群の安定感でアピール。見事勝ちパターン入りを勝ち取った。

 登板数を伸ばし続け、今やチームに欠かせない存在となった平井だが「今だって自信はない。1日1日が勝負。毎日腹をくくってやるだけ」と謙遜した。それでも「これだけ(1億)いただいているし、自覚と責任を持って勝負したい。来季は数字に対するこだわりは一切捨ててやる。後輩に若い投手も出てきているし、背中で引っ張っていきたい」とチームの中心選手らしく、堂々と胸を張った。あの日弱気を覗かせていた右腕の姿はもうどこにもない。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」