野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹ドラ1甲斐野、3倍超の大幅アップ! 3500万円増の5000万円「思ったよりも上の金額」

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央投手が10日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸1500万円から3倍超となる3500万円増の5000万円で来季の契約にサインした。交渉後の会見では「全くどれくらいになるか分からなかった。先輩方にこれくらいじゃない?という話はされていた。それに近いというか、思ったよりも上の金額だったので嬉しかった」と語った。(金額は推定)

契約更改に臨んだソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】
契約更改に臨んだソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】

1年目は65試合に登板して2勝5敗8セーブ26ホールド

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央投手が10日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季の年俸1500万円から3倍超となる3500万円増の5000万円で来季の契約にサインした。交渉後の会見では「全くどれくらいになるか分からなかった。先輩方にこれくらいじゃない?という話はされていた。それに近いというか、思ったよりも上の金額だったので嬉しかった」と語った。(金額は推定)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 東洋大から2018年のドラフト1位で入団した甲斐野は1年目で開幕1軍入り。勝利の方程式に組み込まれると、シーズン途中には離脱した森唯斗投手に代わって抑えも任された。65試合に登板して2勝5敗8セーブ26ホールド、防御率4.14の好成績。新人王こそチームメートの高橋礼投手に譲ったものの、チームの3年連続日本一に貢献した。

 日本シリーズ後には出場を辞退した千賀滉大投手、楽天の松井裕樹投手と森原康平投手に代わる追加招集で野球日本代表「侍ジャパン」入り。「第2回 WBSCプレミア12」に出場すると、セットアッパーとして5試合に登板。高橋礼投手と並んでチームトップタイの2勝をマークして、優勝に貢献した。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」