野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム、現役引退の田中氏がスペシャルアドバイザー就任 「少しでも貢献できるように」

今季限りで日本ハムを引退した田中賢介氏が10日、札幌の球団事務所で記者会見し、来年1月1日付で球団のスペシャルアドバイザーに就任することを発表した。

日本ハムのスペシャルアドバイザーに就任する田中賢介氏(左)【写真:石川加奈子】
日本ハムのスペシャルアドバイザーに就任する田中賢介氏(左)【写真:石川加奈子】

来年1月1日付けで球団のスペシャルアドバイザーに就任

 今季限りで日本ハムを引退した田中賢介氏が10日、札幌の球団事務所で記者会見し、来年1月1日付で球団のスペシャルアドバイザーに就任することを発表した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 スペシャルアドバイザーは、チーム面と事業面の両方に携わる新たな役職。チーム面では、アマチュアを含む野球界全般の視察を行い、スカウトとは違う角度の情報をフロントにフィードバックする。事業面では、ベースボールアカデミーのサポートや子供たちや青少年のスポーツの普及などのスポーツコミュニティー活動に参加すると同時に、メディアやイベントに出演予定。2023年の新球場への助言も選手目線で行う。

 同席した川村浩二球団社長は「20年間のプロ野球生活の経験を基本にしながらも規制の枠にとらわれず、これまでの知見のみならず様々な活動を通じて通じて吸収した新しい知見に基づいてアドバイスをいただき、ファイターズの新しい価値を想像する役割を担っていただきたいと思っています」と期待を寄せた。

 田中氏は「ファイターズと北海道に何か恩返しをしたいと思っていたので、お話をもらってすごくうれしかったです。野球のこと、事業のこと、両方携われるということで、今までにない役職をいただいて感謝していますし、それ以上にすごく責任を感じています。まずは自分自身しっかり勉強して、少しでも貢献できるようにやっていきたいと思っています」と語った。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」