野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最下位オリックスの戦力整理 超大物MLB282発ジョーンズ獲得で課題の打線に厚み

今季は3年ぶりの最下位、5年連続のBクラスに終わったオリックス。西村徳文新監督で挑み交流戦こそ2位と奮起したが屈辱のシーズンとなった。侍ジャパンにも選出された山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚が“チームの顔”として結果を残したが若手の台頭が急務となっている。

オリックスが獲得を発表したアダム・ジョーンズ(右)【写真提供:オリックス・バファローズ】
オリックスが獲得を発表したアダム・ジョーンズ(右)【写真提供:オリックス・バファローズ】

マイナー通算174本塁打、ロドリゲスの獲得が濃厚も目立った補強はここまでなし

 今季は3年ぶりの最下位、5年連続のBクラスに終わったオリックス。西村徳文新監督で挑み交流戦こそ2位と奮起したが屈辱のシーズンとなった。侍ジャパンにも選出された山岡泰輔、山本由伸、吉田正尚が“チームの顔”として結果を残したが若手の台頭が急務となっている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今オフはこれまで大きな動きはなく、現有戦力の強化で来季も戦国パ・リーグを戦うことになりそうだ。ドラフトでは野球日本代表「侍ジャパン」高校代表などで活躍した宮城大弥投手(興南)を1位指名。2位でも紅林弘太郎内野手(駿河総合)と将来性のある高校生を獲得。

 最下位からの巻き返しへ超大物助っ人の獲得に成功した。ダイヤモンドバックスからフリーエージェントになっていたメジャー通算282発のアダム・ジョーンズ外野手の獲得を発表。福良GMも「バリバリのメジャーリーガーを取れて。球団としても自分としても、ちょっと興奮しています」と語るほど。さらにパドレス傘下3Aのマイナー通算174本塁打のアデルリン・ロドリゲス内野手の獲得も濃厚。課題だった打線に厚みが増すことになりそうだ。

 一方でロメロ、マレーロ、メネセス、エップラーは自由契約となりベテランの岸田護投手が現役を引退、成瀬善久投手、塚原頌平投手は戦力外となった。

 ここでは今季で引退、戦力外となった選手の実績などを振り返ってみよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」