7年約266億円でエ軍加入のレンドンは「史上最高年俸の三塁手」 MLB公式伝える

エンゼルスと契約を結んだアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】
エンゼルスと契約を結んだアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】

MLBスタッツは三塁手上位4人紹介、A・ロッドの2001年契約が4位に

 エンゼルスは11日(日本時間12日)、ナショナルズからFAとなっていたアンソニー・レンドン内野手を7年総額2億4500万ドル(約265億9600万円)で獲得した。米メディアが伝えた。

 平均年俸は3500万ドル(約38億円)となり、MLBスタッツはツイッターで「史上最も平均年俸の高い三塁手」と伝えた。

 ツイッターは「三塁を『ホットコーナー』と呼ぶのには理由がある」とし、三塁手の高額年俸上位4選手を紹介している。

1 アンソニー・レンドン(エンゼルス) 3500万ドル(約38億円)

2 ノーラン・アレナド(ロッキーズ) 3250万ドル(約35億3000万円)

3 マニー・マチャド(パドレス) 3000万ドル(約32億6000万円)

4 アレックス・ロドリゲス(ヤンキース) 2750万ドル(約29億9000万円)

 アレナドは今季開幕前に契約延長、マチャドは今年2月にドジャースからFA移籍、ロドリゲスは2001年1月にマリナーズからレンジャーズへFA移籍した際に結んだ契約。

【最新版】レンドンは“三塁手最高額”も1位は驚愕の金額に…MLB平均年俸TOP10ランキング

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY