野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神メッセ、呉昇桓、巨人マイコ、燕林昌勇らズラリ 2010年代に活躍したセ助っ人投手たち

2019年も残すところあとわずか。2010年代もNPBで様々な名シーンが生まれた。各球団は多くの外国人選手を獲得したが、その中でもインパクトを残した助っ人たちを振り返る。今回はセ・リーグの助っ人投手に注目したい。

今季限りで現役を引退した阪神のランディ・メッセンジャー【写真:荒川祐史】
今季限りで現役を引退した阪神のランディ・メッセンジャー【写真:荒川祐史】

美人妻も話題となった元巨人マイコラスや10年間で98勝のメッセンジャー

 2019年も残すところあとわずか。2010年代もNPBで様々な名シーンが生まれた。各球団は多くの外国人選手を獲得したが、その中でもインパクトを残した助っ人たちを振り返る。今回はセ・リーグの助っ人投手に注目したい。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

【巨人】
○スコット・マシソン投手
 2012年から8年間巨人でプレーし、今オフにNPB生活に終止符を打ったマシソンは通算で421試合に登板。2016年には70試合に登板し、8勝4敗、41ホールドを挙げて自身2度目の最優秀中継ぎ投手に選ばれた。現在はカナダ代表として東京五輪出場を目指している。

○マイルズ・マイコラス投手
 2015年にレンジャーズから巨人入りしたマイコラスは加入初年に21試合に登板し、13勝3敗、防御率1.92と大活躍、ローレン夫人も話題となった。2016年には成績を落としたものの、2017年には再び14勝8敗とし、翌年にカージナルスで米球界復帰を果たした。

【阪神】
○ランディ・メッセンジャー投手
 2010年に阪神入りし、今季まで10年間プレーし、通算98勝を挙げた。2014年には自身最多の13勝(10敗)で最多勝、226奪三振で最多奪三振と活躍した。

○呉昇桓投手
 韓国プロ野球(KBO)で最多セーブを5度獲得した呉昇桓は2014年にサムスン・ライオンズから阪神入り。来日初年は64試合に登板し、39セーブ、2勝4敗、防御率1.76と活躍。さらに翌年も41セーブと2年連続で最多セーブとなった。

○ジェイソン・スタンリッジ投手
 2007年にソフトバンク入りし、阪神には2010年4月に加入した。2010年には11勝(5敗)を挙げた。NPB通算では75勝68敗。阪神に入団以後は8年間で6回規定投球回数に達していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」