野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 清原和博氏、後輩の片岡氏に激白! 「何度もやめようと…」「職質3回受けた」

清原和博氏、後輩の片岡氏に激白! 「何度もやめようと…」「職質3回受けた」

元阪神の片岡篤史氏のYouTubeチャンネルに元プロ野球選手の清原和博氏が出演した動画が話題になっている。すでに70万回再生されており、PL学園の2年下の片岡氏が聞き手となり、清原氏が赤裸々に語っている。今回、制作側の許可を得て、インタビューの様子を記事で紹介。清原氏は2016年2月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、同年5月に有罪判決を受け、現在も執行猶予中。世間の厳しい目も理解しながら、歯を食いしばり更生しようとする心意気が伝わる映像となっている。

逮捕後は3度も職質 病院での注射跡が疑われ、警察署へ連行されたことも

 清原氏はこの収録までに、職質に3度遭っていた。食事を終えて、帰ろうとした時にパトカーが来て、そのまま警察へ行った。

【動画】PL学園の後輩・片岡氏が清原和博さんにインタビュー 逮捕前後の心境を語る

「その時、たまたま糖尿の検査してた。採血したら注射の跡残るやんか。それで『腕、見せろ』と言われて見せたら、注射の跡がある。『これはなんだ』と。いやいや、今日病院行ってきたんです、と(言っても)だめだめと……」

 検査してもちろん陰性反応。しかし、周囲の目と戦っていた。

「目立つから、世の中の皆さんとかマスコミの皆さんも、警察の人たち(から)も、特に注目される。それが俺にとっては、つらいけど、ちゃんとしないといけないと。毎月、病院も通ってるし、そこで尿検査もする。覚せい剤依存者って認定された人のグループでね。テレビで見たことない? 依存者が集まって手を繋いで、お祈りする。それが今、みんな頑張ってるし、1か月後にまた会いましょうね、と」

 逮捕されて1年くらい、家から出なかった。世間に指をさされる怖さがあった。病院には行ったが、ほぼ、引きこもり生活。カウンセリングを受けたり、静かに日常を取り戻していった。

 動画を見たファンからは「片岡さん 配信ありがとう。清原さん出演ありがとう」「間違いなく野球界の歴史に残るスーパースター。貢献度もハンパないと思う。過ちは誰でもあります。これからの清原さんを応援してます」「片岡さん、グイグイ行くな。他の人じゃ聞けないようなことも、先輩を気遣いつつ聞いていく感じがとても良いし、それに真摯に答える清原さんも良かったです」などと応援コメントが多数寄せられている。先輩のことを思う、片岡氏にしか聞けないインタビューだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」