メジャー残る大物FA選手は誰? 韓国人左腕には「エンゼルスが最も強い興味」

ドジャースからFAとなっている柳賢振【写真:Getty Images】
ドジャースからFAとなっている柳賢振【写真:Getty Images】

1位は15年ア・リーグMVP三塁手「ナショナルズ、さっさと契約してしまえば?」

 今オフのFA市場の目玉の3人であるゲリット・コール投手、アンソニー・レンドン内野手、スティーブン・ストラスバーグ投手の契約が早々と決まり、15日にはマディソン・バムガーナー投手のダイヤモンドバックスへの移籍も決まった。米メディア「12アップ」は残っているFA選手のトップ5を発表。ドジャースからFAとなっている韓国人左腕・柳賢振投手は2位にランクインした。

 今季14勝5敗、防御率2.32の成績でアジア出身者初の最優秀防御率を受賞した柳賢振。昨オフはクオリファイング・オファー(1年間の契約延長)を飲んだが、ナ・リーグのサイ・ヤング賞投票でも2位に入る活躍で一気に注目度を高めた。記事では、コール、ストラスバーグ、バムガーナーの契約が決まったことから、「彼に興味を持っている球団は、日に日に増えているように見える」と言及。その中でも「ブルージェイズとエンゼルスが最も強い興味を示している」としている。

 大谷翔平投手の所属するエンゼルスは、先発投手の補強が急務となっているが、いまだにディラン・バンディ投手を獲得した以外の動きがない。コール、ストラスバーグに加え、トレードでレンジャーズに移籍したクルーバーも狙っていたとされるが、いずれも契約に至らず。柳賢振のほかにも、ランキング3位に選ばれている2015年サイ・ヤング賞左腕のダラス・カイケル投手にも興味を示しているとしている。

 また、ランキング1位に輝いたのはブレーブスからFAとなっているジョシュ・ドナルドソン内野手。記事によると正三塁手のレンドンを失ったナショナルズのなど4球団が興味を持っているとされる。三塁手を探している球団が多いことから「まもなく契約するのではないか」と予想し、「ナショナルズ、さっさと契約してしまえば?」と今季の世界一球団に推薦している。

 5位にはカブスからFAのカステヤノス、4位にはカージナルスからFAのオズナと外野手2人が入っている。5人が新天地としてどの球団を選ぶのか注目が集まる。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY