野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 山口俊
  • 山口俊の2年6億円は“低コスト低リスク” ブルージェイズへもたらすメリットは?

山口俊の2年6億円は“低コスト低リスク” ブルージェイズへもたらすメリットは?

ポスティングシステムを利用して巨人からブルージェイズへの移籍が決まった山口俊投手。米メディア「ジ・アスレチック」は、この契約が今季ア・リーグ東地区4位に沈んだブルージェイズにもたらすメリットを伝えている。

プレミア12では侍ジャパンの一員として活躍した山口俊【写真:Getty Images】
プレミア12では侍ジャパンの一員として活躍した山口俊【写真:Getty Images】

まずは若手投手たちと先発5番手争いへ「予備プランとして救援投手でも」

 ポスティングシステムを利用して巨人からブルージェイズへの移籍が決まった山口俊投手。米メディア「ジ・アスレチック」は、この契約が今季ア・リーグ東地区4位に沈んだブルージェイズにもたらすメリットを伝えている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 はじめに記事で挙げられている大きなポイントは「比較的、低コスト低リスク」であること。契約内容が2年で年俸300万ドル(約3億3000万円)と高額ではないことから、「更に動くために金銭的に縛られることもない」と次なる補強につながるとしている。今季ナ・リーグ最優秀防御率でドジャースからFAの韓国人左腕・柳賢振投手にも興味を持っているとも伝えられている。

 また、ブルージェイズは今季2桁勝利ゼロと先発投手に苦しんだ。巨人で15勝4敗、防御率2.91の好成績を残した山口がメジャーに適応することができれば「ローテーションの厚みに大きなメリットをもたらす可能性」があると指摘。さらに、DeNA時代にはブルペンでも活躍したことから「予備プランとして救援投手でも起用できる」と柔軟性もメリットに挙げている。

 山口は、まずはスプリングトレーニングで若手投手たちと先発5番手を争う模様。昨季17先発で4勝も今季は故障で2先発に終わった25歳ライアン・ボルッキ投手、今季チーム最多29先発で同最多6勝の26歳トレント・ソーントン投手、昨季途中にストローマンとのトレードで加入した24歳のアンソニー・ケイ投手らがライバルとなりそうだ。

「様々な経験のある彼はブルージェイズに選択肢を与える」と高評価を得ている山口。どのような起用法になるのか注目だ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」