野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

MLB282発ジョーンズ加入でどうなるオリ打線 6年ぶりAクラス狙う2020年オーダーを探る

オリックスは今オフにダイヤモンドバックスからFAとなっていたアダム・ジョーンズ外野手を獲得した。メジャー通算282発、1939安打を誇る“超大物”の加入で課題だった打線は機能するのか。来季のスタメンオーダーを探っていく。

来季のオリックス打線のカギを握るT-岡田(右)と新加入のアダム・ジョーンズ【写真:Getty Images、荒川祐史】
来季のオリックス打線のカギを握るT-岡田(右)と新加入のアダム・ジョーンズ【写真:Getty Images、荒川祐史】

メジャー通算282発、1939安打を誇る“超大物”ジョーンズを獲得

 オリックスは今オフにダイヤモンドバックスからFAとなっていたアダム・ジョーンズ外野手を獲得した。メジャー通算282発、1939安打を誇る“超大物”の加入で課題だった打線は機能するのか。来季のスタメンオーダーを探っていく。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 今季は5年連続Bクラスとなる最下位に終わったオリックス。山岡泰輔、山本由伸のダブルエースが活躍を見せたが課題は明白だった。チーム打率.242、544得点、516打点はリーグワーストで102本塁打もリーグ5位。打率.322、29本塁打、85打点をマークしベストナインを獲得した吉田正が孤軍奮闘する姿が目立った。

 怪我などが目立ちシーズンをフルでプレーできないロメロ、マレーロに見切りをつけ獲得したのがMLB通算282発のジョーンズ。またマイナー通算174本塁打のロドリゲスとも契約が濃厚となっている。来季のオーダーは率と長打を期待できる吉田正を3番、メジャーで実績抜群のジョーンズを4番、オープン戦次第になるがロドリゲスを5番に置く強力クリーンアップが形成できる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」