野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA濱矢、メキシコWLで“有終の美” 白星挙げ3勝無敗で帰国へ「来季100%の力を」

メキシコのウインターリーグに参加し、ベナードス・デ・マサトランでプレーしている横浜DeNAベイスターズの濱矢廣大投手が21日(日本時間22日)、本拠地で行われたチャロス・デ・ハリスコ戦に先発し、5回1/3、4安打1失点、4奪三振、3四球の内容で3勝目を挙げた。チームは5-2で勝ち、後期リーグ10勝14敗で10チーム中8位。

ベナードス・デ・マサトランに所属しているDeNA・濱矢廣大【写真:球団提供】
ベナードス・デ・マサトランに所属しているDeNA・濱矢廣大【写真:球団提供】

メキシコ最終登板は6回途中4安打4奪三振1失点で勝利投手に

 メキシコのウインターリーグに参加し、ベナードス・デ・マサトランでプレーしている横浜DeNAベイスターズの濱矢廣大投手が21日(日本時間22日)、本拠地で行われたチャロス・デ・ハリスコ戦に先発し、5回1/3、4安打1失点、4奪三振、3四球の内容で3勝目を挙げた。チームは5-2で勝ち、後期リーグ10勝14敗で10チーム中8位。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 濱矢はこの試合がメキシコでの最後の登板で、通算成績は7試合(すべて先発)登板で3勝0敗、防御率1.44。31回1/3を投げ、被安打14、被本塁打1、30奪三振、26四球、被打率.140だった。

 この試合を含め、レギュラーシーズン終了まで残り8試合。プレーオフ進出に向け、負けられない戦いが続くチームに、濱矢が貴重な勝ちをもたらした。この日の相手は昨季王者の強豪ハリスコだったが、5回までは三塁を踏ませないピッチング。6回に四球の後、適時二塁打を許し、1点を失って降板となったが、堂々の94球のピッチングで先発としての役割を果たした。

「多少のバラツキはあったが、スプリットを中心にカウントも取れたし、何とか要所を抑えられた」

 前回8日(日本時間9日)のアルゴドネロス・デ・グアサベ戦から中12日と休養十分での登板だった。前回は2回2/3を投げて4安打2失点、前々回の登板となった11月21日(同22日)のマヨス・デ・ナバホア戦も3回1/3で1安打1失点と先発としての役割を果たせないまま降板。「前回、前々回はものすごく調子が悪くて、直球にバラツキがあり、考えすぎてしまった。今回も調子は良くなかったが、試合の中で修正できた」と、3試合ぶりの白星を振り返った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」