野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園未出場、指名漏れ、社会人時代の挫折… 西武ドラフト1位・宮川哲が歩んだ野球人生

西武からドラフト1位指名を受けた東芝の宮川哲投手。最速154キロの直球が武器の本格派右腕だが、投手に専念するようになったのは上武大に進学してからだ。4年時には最多勝とベストナインを獲得し、プロ志望届を提出したものの指名漏れを経験。社会人の2年間で評価を上げ、見事に1位指名を勝ち取った。

西武からドラフト1位指名を受けた宮川哲【写真:篠崎有理枝】
西武からドラフト1位指名を受けた宮川哲【写真:篠崎有理枝】

最速154キロの本格右腕、高校時代は主に外野手を務め投手も兼任

 西武からドラフト1位指名を受けた東芝の宮川哲投手。最速154キロの直球が武器の本格派右腕だが、投手に専念するようになったのは上武大に進学してからだ。4年時には最多勝とベストナインを獲得し、プロ志望届を提出したものの指名漏れを経験。社会人の2年間で評価を上げ、見事に1位指名を勝ち取った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 奈良県出身の24歳。高校は「激戦区に行くよりは出番があると思った」という理由から、地元を離れ東海大山形高へ進学。主に外野手を務めていたが、肩の強さを買われて投手も兼任していた。3年夏の山形県大会には投手として出場したが、一度も甲子園の舞台を踏むことはできなかった。当時はプロ入りは全く考えておらず「試合に出てちゃんと投げたい」と上武大に進学。1年目は思うようなピッチングができなかったが、2年春に外野手を経験したことが転機となり急成長を遂げた。

「2年の春に外野手をやって、秋にピッチャーに戻りました。久しぶりに先発したら抑えられて、そこからよくなりました。外野送球で基本がよくなったのだと思います。もともと、投球フォームやタイミングが悪くなったときに遠投をしていましたし、今でも毎日遠投をします。強い球を投げる意識がなくなると球が落ちてくる。そうならないためにも、体全体を使って投げるようにしています。監督もピッチャーに戻すことを前提で、外野手をやらせたと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」