野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大谷翔平は投手&DH、レジェンド左腕や台湾の英雄… 日ハム10年代ベストナイン

今季は5位に沈んだ日本ハムだが、2010年代に2度のリーグ制覇、16年には日本一も達成した。さらに二刀流・大谷翔平の誕生など球史に残る出来事も。この10年間に活躍した日本ハムのベストナインと監督を選出したい。

大谷翔平の活躍は2010年代の球界に大きな衝撃を与えた【写真:田口有史】
大谷翔平の活躍は2010年代の球界に大きな衝撃を与えた【写真:田口有史】

抑え投手では武田久と増井浩俊がともに100S以上を記録

 今季は5位に沈んだ日本ハムだが、2010年代に2度のリーグ制覇、16年には日本一も達成した。さらに二刀流・大谷翔平の誕生など球史に残る出来事も。この10年間に活躍した日本ハムのベストナインと監督を選出したい。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

【投手】
先発 大谷翔平
中継ぎ 宮西尚生
抑え 武田久

“二刀流”大谷翔平投手が、2010年代の球界にもたらした衝撃はすさまじかった。1年目の13年は13試合登板で3勝(0敗)、3本塁打、20打点をマーク。2年目には160キロ台を連発して11勝(4敗)、打っては10本塁打と2桁勝利&2桁本塁打をマークした。15年には自己最多の15勝(5敗)を挙げ、最多勝利、最優秀防御率(2.24)、最高勝率の3冠に輝いた。他にも12年MVPの左腕・吉川光夫投手、今季最多勝の有原航平投手もこの年代を支えた先発投手だった。

 宮西は今年4月に前人未到の通算300Hを達成。中継ぎの地位を上げてきた。2008年から通算12年連続で50試合以上登板を達成し、通算337Hは世界記録に。16、18、19年の3度、最優秀中継ぎ投手に選ばれている。

 選考が難しかったのは抑え。2012年に45H7Sを挙げ、最優秀中継ぎ投手になった増井浩俊が武田に代わって14年からクローザーに。15年に39Sを挙げるなど活躍した。日本一になった2016年はクリス・マーティンがチームトップの21S。しかし、武田は10年から14年まで合計120S。後半貢献した増井は110Sで、“クローザー”という観点で武田とした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」