野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日ドラ1石川も信じた“ブルペン捕手” 東邦のセンバツV導いた功労者

今年も残すところあと少し。心に残った球児として、センバツを制した東邦(愛知)から、紹介したい選手がいる。エースだった石川昂弥は10月のドラフト会議で3球団から1位指名を受け、地元・中日ドラゴンズに入団。その運命の日はチームメートも一緒に見守った。その中にひと際目立つ笑顔で喜ぶチームメートがいた。伊東樹里(3年)は石川と寝食もともにした“ブルペン捕手”だ。

夏の大会は背番号12、三重県内の大学で野球を続ける予定

 結局、その間に正捕手の成沢が怪我から復帰し、チャンスを掴むことができなかった。背番号12を貰うことができたが、完全に復帰できたのは大会が始まってから。くしくもチームが敗退する2回戦・星城戦の前日だった。大会直前の怪我もあり、最後の大会もブルペンを温め続けて終わった。それでもトレードマークの笑顔で「3年間ブルペンを温め続けました」と冗談交じりに3年間を振り返った。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 出場機会は決して多いと言えない3年間であったが、ベンチやブルペンで過ごした時間が伊東の“野球を考える力”を成長させてくれた。「野球を知ることができたなと思います。試合ではベンチの中で監督の近くにいることが多かったですし、(下宿先に)帰っても監督といることが多かったので、すごく勉強になりました。ブルペンでよく聞くのは“3球で追い込め”という言葉。確かに3球で追い込んだら楽だということがわかって、そうできるようにブルペンでもリードしていました」。その思考力を持って卒業後は三重県内の大学に進学し硬式野球を続ける予定だ。

「ブルペンを卒業してホームベースを守ります!」目標は大学でも神宮大会に出場してチームメートの熊田任洋と再会すること。「東邦での3年間はとっても楽しかったです!」弾ける笑顔が充実した高校野球生活を物語っていた。

(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

市川いずみ(いちかわ・いずみ) 京都府出身のフリーアナウンサー、関西大学卒。元山口朝日放送アナウンサー時代には高校野球の実況も担当し、最優秀新人賞を受賞。朝日放送「おはようコールABC」、毎日放送「ミント!」に出演するほか、MBSラジオ、GAORA阪神タイガース戦リポーターを担当。スポーツニッポンで春・夏の甲子園期間中はコラムを執筆。学生時代はソフトボールで全国大会出場の経歴を持つ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」