野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “不良債権化”危機の年俸28億円ヤンキース大砲復活なるか? ファン辛辣「彼はダメ」

“不良債権化”危機の年俸28億円ヤンキース大砲復活なるか? ファン辛辣「彼はダメ」

ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は今季、度重なる故障に苦しんでわずか18試合出場に終わった。14年オフに当時所属したマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドル(当時で約373億7500万円)の超大型契約は28年までで、2億1400万ドル(約234億1700万円)の巨額契約が残っている。

ヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】
ヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】

スタントンは今季度重なる怪我により18試合出場、3本塁打にとどまった

 ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は今季、度重なる故障に苦しんでわずか18試合出場に終わった。14年オフに当時所属したマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドル(当時で約373億7500万円)の超大型契約は28年までで、2億1400万ドル(約234億1700万円)の巨額契約が残っている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

“不良債権化”が懸念される中、ニューヨークのテレビ局「YESネットワーク」は、スタントンについて識者が議論を交わす映像をツイッターに投稿。来季年俸2600万ドル(約28億4500万円)の30歳外野手/指名打者について考察している。

「YESネット」の解説者ジョン・フラハーティ氏は「(2019年の)出場試合数は18試合、3本塁打、13打点でした。彼は健康を維持し、左翼や指名打者のポジションに戻ってきて、活躍する必要があります」と語った。

「YESネット」のアナリスト、ジャック・カリー氏は「(2018年に)158試合に出場した男はどこにいってしまったのでしょう? (怪我をしない)体の強さを披露した彼はどこにいるのでしょうか? アーロン・ジャッジが怪我した際にヤンキースを牽引した選手はどこへ?」と、158試合に出場して38本塁打、100打点をマークした昨季と比較した上で、次のように述べて復活を期待している。

「今年のヤンキースにその選手は存在しませんでした。怪我は野球に付き物です。彼は誇り高き選手で、フィールドに復帰してファンに今一度、こんな風に彼の気持ちをファンに思い出してほしいと願っていると、私は思います。『僕はMVPを獲りたい。今年は(自分の実力を)証明するチャンスが無かった。だから2020年は証明する必要がある』と言う彼の気持ちです。ファンは彼に対して嫌気がさしていますが、私はそのことを必ずしも理解しているわけではありません。彼はヤンキースが目標を達成しようとする中で非常に重要な戦力になることができると、私は考えています」

 しかし、ヤンキースファンはシビアだ。復活を願う声がある一方で否定的なコメントも寄せられている。

「彼が今季(2020年)健康を保ち、ホームに優勝トロフィーを持ってきてくれることを、私は心から望んでいる」

「彼はダメだ! 僕はもう彼のことを見限っているよ」

「手始めに、彼が20試合以上出場することを願おうじゃないか」

「彼は実際問題プレーせんといかん」

「もし彼が健康のままでいられるからね」

「彼が20試合以上に出られるならね」

「彼はグレートだよ。(昨年が)辛い時間を過ごしただけさ。彼なら元気になって戻ってくる」

「それは彼が怪我せずに健康でいられるかに懸かっているんだよ…」

 来季は真価を発揮できるか。30歳で迎える来季の働きが注目される。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」