ロッテ佐々木朗、“井口本”&寄せ書きユニ持参で入寮 「ひとり暮らしは初めてで不安」

入寮したロッテ・佐々木朗希【写真:編集部】
入寮したロッテ・佐々木朗希【写真:編集部】

大船渡高の同僚からの寄せ書きユニホームも持参「経験を積んでいきたい」

 ロッテのドラフト1位の佐々木朗希投手が8日、埼玉・さいたま市内のマリーンズ寮に入寮。大勢の報道陣が集まる中での注目の入寮となった。

 入寮には大船渡高のチームメートからの寄せ書きユニホーム、井口資仁監督の著書などを持ち込んだ。「いろいろなことに慣れて、経験を積んでいきたい。ひとり暮らしは初めてで不安はあります」と話した。

 佐々木は大船渡高3年時に高校生の日本歴代最速となる163キロをマーク。昨秋のドラフトでは日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団から1位指名を受け、ロッテが交渉権を獲得した。プロでの目標については「これから決めたいと思います」と話すにとどめた。

【写真】「朗希へ 最高の仲間より」ーロッテ163キロ腕佐々木が公開した大船渡高チームメートからの寄せ書きユニホーム

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY