野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAドラ1森敬斗が始動「甘くない世界と分かっている」 今季目標は「1軍出場」

DeNAの森敬斗内野手(桐蔭学園高)ら新入団選手が8日、横須賀市の球団施設「DOCK」で新人合同自主トレを開始した。初日はあいにくの大雨で室内練習場でのスタートとなった。

合同自主トレに参加したDeNAドラフト1位・森敬斗【写真:編集部】
合同自主トレに参加したDeNAドラフト1位・森敬斗【写真:編集部】

昨年はU-18高校日本代表「侍ジャパン」入り、同メンバーに闘志「負けたくない」

 DeNAの森敬斗内野手(桐蔭学園高)ら新入団選手が8日、横須賀市の球団施設「DOCK」で新人合同自主トレを開始した。初日はあいにくの大雨で室内練習場でのスタートとなった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 室内に「お願いします!」と同期の誰よりも大きな森の声がこだました。一緒にノックを受けたドラフト2位の坂本裕哉投手(立命館大)がボールをこぼせば、「あー!」と大きな声で指摘、鼓舞するなど、初日から気合いに満ちていた。

「(声出しは)元気を出していかないと。まだまだですけれど、初日にしては」と満足げ。真剣な表情で取り組んだトスバッティングでは「技術的なことですが、ちょっと体が流れてしまう癖がある。丁寧にと心掛けた」とスタートから高い意識で練習に取り組んだ。

 そんな森の今年の目標は「1軍出場」。「甘くない世界だと分かっている。明確な目標があった方が取り組みもよくなる」と現実的ながら簡単ではない目標設定をした。ラミレス監督は「うちのチームのいいところは、若い選手からベテランまで結果を出せばチャンスがもらえること」と話す。春季キャンプは2軍スタートが有力視されるが、それも結果次第では変えていける。

 またもう1つ、胸に抱く思いがある。「U-18の選手には負けたくないという思い。特に誰、とかはないですが、1次キャンプで打ち取られたので」と、昨年選出されたU-18高校日本代表「侍ジャパン」でともにプレーした他球団の同級生投手にも闘志を燃やす。

 同期の高校日本代表では佐々木朗希投手(ロッテ)、奥川恭伸投手(ヤクルト)、西純矢投手(阪神)、宮城大弥投手(オリックス)、石川昂弥内野手(中日)がいずれも同じくドラフト1位でプロ入りを果たした。ライバルとなった旧友たちと、1軍の舞台で戦う日が待ち遠しい。

(臼井杏奈 / Anna Usui)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」