鷹サファテ、工藤監督との“再会”写真公開 ファン「カムバック待っています」

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

サファテは一昨年に右股関節を手術、昨季は登板機会がなかった

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手が自身のインスタグラムを更新。工藤公康監督らとの4S写真を公開し、ファンから復帰を待ち望む声が挙がっている。

 NPB通算234セーブを誇る38歳のサファテは、2018年開幕直後に右股関節の違和感を訴えて手術。昨春キャンプでチームに合流したものの、患部の状態が上がらずに米国に帰国し、1軍登板はなかった。写真は工藤監督ら4人を撮影した1枚で、指揮官がサファテの元を訪れたようだ。ファンは右腕の復帰に期待の声を寄せている。

「復帰を待っています」

「よき再会であることを祈ります」

「またサファテ投手のキングオブクローザーみたいです 今年こそはカムバック待ってます」

「早く帰って来て」

「待っています。

「ずっと待ってますよ」

「あなたのピッチングを見たい」

 2017年にはプロ野球記録となるシーズン54セーブを記録し「キング・オブ・クローザー」と称されたサファテ。2018年は6試合、昨年は1軍登板なしと苦難のシーズンを過ごしているが、監督の訪問は復帰への強いモチベーションになったに違いない。

【写真】「よき再会であることを」…ファンが復帰を待望する234セーブ右腕と工藤監督の豪華ショット サファテがインスタグラムに投稿した実際の写真

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY