燕ドラ1奥川の打撃練習動画にファン“二刀流”期待? 「打者でも十分」「日本の宝」

ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】
ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

ヤクルトのドラフト1位奥川のティー打撃を球団公式ツイッターで公開

 ヤクルトは11日、球団公式ツイッターを更新。ドラフト1位の奥川恭伸投手(星稜高)の打撃練習する模様を公開した。

 背番号11の紺色のビブスを着た奥川は真剣な表情でティー打撃。周囲のファンは奥川の打撃練習を捉えようと、カメラや携帯電話を向けている。球団ツイッターは「【新人合同自主トレ】本日より第二クールがスタートしました 奥川投手、バッティングも頑張れ」とエールを送った。ファンからも多くの声援が集まった。

「かっこいい」

「力強いスイングしてますね。バッティングも期待できそう!」

「去年夏の県大会でもHR打ってたもんね?」

「打者でも十分できそうなスイング!」

「日本の宝」

「自援護はヤクルトのエースの条件だぞ!」

 最速151キロの直球を持つ奥川はスライダー、チェンジアップ、フォークなど多彩な変化球を操り、昨夏の甲子園で準優勝。星稜高では中軸を任され、2年春の選抜大会ではサヨナラ適時二塁打を放った。黄金ルーキー奥川はプロでどのような打撃を見せてくれるのだろうか。

【動画】ファンは「日本の宝」と称賛! ヤクルトのドラフト1位の奥川がティー打撃に取り組む実際の映像

RECOMMEND

CATEGORY