野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 【eBASEBALL】19年シーズンはロッテが激戦制し初優勝 オリックス、楽天がCS進出へ

【eBASEBALL】19年シーズンはロッテが激戦制し初優勝 オリックス、楽天がCS進出へ

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレース 第5節が11日、フジテレビ内特設ステージで行われ、パ・リーグの全順位が確定した。全21試合で12勝6敗3分けのロッテが初優勝を飾り、2位のオリックス、3位の楽天がそれぞれeクライマックスシリーズ進出を決めた。

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン、パ・リーグの全順位が確定した【写真:安藤かなみ】
「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン、パ・リーグの全順位が確定した【写真:安藤かなみ】

初優勝のロッテ・下山主将「e交流戦で優勝したときよりも達成感がある」

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレース 第5節が11日、フジテレビ内特設ステージで行われ、パ・リーグの全順位が確定した。全21試合で12勝6敗3分けのロッテが初優勝を飾り、2位のオリックス、3位の楽天がそれぞれeクライマックスシリーズ進出を決めた。

 昨年Bクラスに沈んだ3球団がそろって躍進だ。ロッテは第2節で首位に立つと、e交流戦で優勝し勢いに乗った。一時は楽天に首位を奪われたこともあったが、所属する4人の選手が全員シーズンを勝ち越しで終えるなど安定した成績で戦い抜き、昨季最下位から優勝まで上り詰めた。

 シーズン全勝の絶対的エース・指宿を擁するオリックスは、最終戦に勝つか引き分けで逆転優勝の可能性があったが、力及ばず2位でフィニッシュ。3位には楽天が滑り込み、18日に行われるeクライマックスシリーズ出場への最後の切符をつかんだ。

 初優勝のロッテ・下山主将は「e交流戦で優勝したときよりも達成感がある。やっと(日本一までの)中間地点に来ることができた」と胸をなでおろし、「ファンの皆さんの後押しがありがたかった」とファンの声援に感謝した。日本一になるために、まずはeクライマックスシリーズを突破する必要があるが、「CSに出れないチームの思いも乗せて戦いたい」と言葉に力を込めた。

 2位・オリックス指宿主将 「厳しいシーズンであと1つというところまで行ったが、(優勝を)逃してしまった悔しさはみんな持っている。この悔しさをぶつけて日本一にのし上がりたい」

 3位・楽天三輪主将 「ギリギリで3位に入れて涙が出るくらい嬉しかったが、涙を流すのはまだ先。ギアを上げて、燃え尽きようと思う」

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」