野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “サイン盗み”で指揮官解任のア軍、後任はベンチコーチが最有力「有能な監督に」

“サイン盗み”で指揮官解任のア軍、後任はベンチコーチが最有力「有能な監督に」

MLB球界を揺るがしたアストロズの“サイン盗み”。13日(日本時間14日)には、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が調査結果と処罰を発表し、アストロズには厳罰が下された。

アストロズの監督職を解任されたAJ・ヒンチ氏【写真:Getty Images】
アストロズの監督職を解任されたAJ・ヒンチ氏【写真:Getty Images】

会見でヒンチ監督とルーノーGMの解任を発表したオーナーのクレイン氏

 MLB球界を揺るがしたアストロズの“サイン盗み”。13日(日本時間14日)には、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が調査結果と処罰を発表し、アストロズには厳罰が下された。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督には1年間の報酬なしの停職、アストロズには2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4700万円)が課された。これを受けてアストロズはルーノーGMとヒンチ監督の解任を発表した。

 2人の解雇を発表したアストロズのオーナーであるジム・クレイン氏。本拠地ミニッツメイド・パークで会見し、2人の解任について語った。MLB公式サイトなどが報じている。

 クレイン氏は会見で「本日、AJ・ヒンチとジェフ・ルーノーを解任する決断を下しました。白紙の状態で前進する必要があります。アストロズは本日、このことにより更に強い球団となります」とコメント。さらに、選手に対して出場停止の処分などを科さないことも明らかにした。MLBから選手への処罰もなかった。

 スプリングトレーニングまで約1か月というタイミングでヒンチ監督が解任となり、アストロズは早急に後任監督を探さなければいけなくなった。MLB公式の記事では、クレイン氏は会見で「迅速に監督を探す」と語ったことが伝えられている。後任候補としてはベンチコーチを務めているジョー・エスパーダ氏が昇格することが最有力で、クレイン氏も「有能な監督になれる」と語っている。

 クレイン氏は、ルーノーGMとヒンチ監督の“サイン盗み”への関与は否定したが、「2人ともこのことを始めたわけではないが、何も行動を起こさなかった」と、その行為を許したことから解任の決断に至ったよう。「私の下で、このようなことは2度と起きません」とクレイン氏は語り、アストロズの再生を誓った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」