野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 中傷、ハッキング、Aロッドが薬物で… 米特集、MLB過去のスキャンダルは?

中傷、ハッキング、Aロッドが薬物で… 米特集、MLB過去のスキャンダルは?

MLB球界を揺るがしているアストロズの“サイン盗み騒動”は13日(日本時間14日)にMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が調査結果と処罰を発表した。アストロズのジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督に対して1年間の報酬なしの停職、チームには2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4700万円)の処分が課された。

現役時代はヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲス氏【写真:Getty Images】
現役時代はヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲス氏【写真:Getty Images】

アストロズへの処分はGM、ヒンチ監督の停職、20、21年のドラフト1、2巡目の指名権剥奪に罰金…

 MLB球界を揺るがしているアストロズの“サイン盗み騒動”は13日(日本時間14日)にMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏が調査結果と処罰を発表した。アストロズのジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督に対して1年間の報酬なしの停職、チームには2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4700万円)の処分が課された。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米ヤフースポーツはアストロズの“サイン盗み”が「野球史上最も有名なスキャンダルの1つになってきている」と指摘。そこで記事では過去の大きなスキャンダルと処罰を振り返っている。

 1989年・ピート・ローズ氏が野球賭博で永久追放処分、2013年のA・ロッド(ヤンキース)がバイオジェネシス・スキャンダルで211試合の出場停止処分、2017年のブレーブス幹部が永久追放処分など過去のスキャンダルを紹介している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」