野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・甲斐、東京五輪は「もちろん出たい」 ヤクルト移籍の嶋との自主トレを公開

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が19日、沖縄・金武町でヤクルトの嶋基宏捕手らと行っている自主トレを報道陣に公開した。

自主トレを公開したソフトバンク・甲斐拓也【写真:福谷佑介】
自主トレを公開したソフトバンク・甲斐拓也【写真:福谷佑介】

1日中、嶋を“密着マーク”し教わったのは「自分を信じてやること」

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が19日、沖縄・金武町でヤクルトの嶋基宏捕手らと行っている自主トレを報道陣に公開した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 午前9時前から約1時間にわたってヨガに取り組んで体をほぐすと、その後はランニングやキャッチボール、捕手のキャッチングやスローイング練習を絡めて下半身を虐め抜いた。午後からは打撃練習でバットを振り込み、約6時間、みっちりと汗を流した。

 昨季から行っている嶋との自主トレ。「捕手としてだけでなく、打撃やそれ以外の部分、全てに関して学びたいと思って、一緒に過ごさせてくださいとお願いした」と捕手としてだけでなく、選手として一回りも二回りも大きくなるために、侍ジャパンなどでも数々の経験を積んできているベテラン捕手のもとに“弟子入り”している。

 練習時間だけでなく、食事のとき、そして食後から寝るまでの時間と「1日中、嶋さんと一緒にいる」という甲斐。“密着マーク”の日々を送り「嶋さんがとにかく野球が大好き。何を聞いても色んなことが分かる。侍の時の心境も話をして、どんな時も自分を信じてやることが大事、自分がそこで感じたものをやることが1番だと教わった」という。

 今年は東京五輪イヤー。甲斐は稲葉篤紀監督が就任して以降、一貫して野球日本代表「侍ジャパン」に選出されてきた。それだけに五輪への想いは強い。「もちろん出たいですし、選ばれるように頑張らないといけない。まだまだ力がない。力をつけないといけないと思っています」と、五輪メンバー選出に並々ならぬ意欲を見せる。

 そのためには、まずチームで結果を残すことが大事。「僕の1番の目標、やるべきことはリーグ優勝。なによりもリーグ優勝をできるように責任をもってやっていきたいと思っています」。いまや球界を代表する捕手となった甲斐だが、その胸の内には尽きぬ向上心が宿っている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」