野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ吉田正、4年連続の“室伏塾”を公開 独特メニューこなし「いい報告を」

オリックスの吉田正尚外野手が24日、東京・文京区の東京医科歯科大で自主トレを報道陣に公開した。2004年アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストで、同大教授でもある室伏広治氏に師事し、今オフで4年連続。打球の飛距離アップにつながる瞬発系のトレーニングや故障防止につながる体幹メニューなどで体をいじめ、五輪イヤーに臨む屈強な土台を築く。

今年も“室伏塾”でトレーニングを積むオリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
今年も“室伏塾”でトレーニングを積むオリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

東京五輪への思い問われ「結果を出して選んでもらえるように」

 オリックスの吉田正尚外野手が24日、東京・文京区の東京医科歯科大で自主トレを報道陣に公開した。2004年アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストで、同大教授でもある室伏広治氏に師事し、今オフで4年連続。打球の飛距離アップにつながる瞬発系のトレーニングや故障防止につながる体幹メニューなどで体をいじめ、五輪イヤーに臨む屈強な土台を築く。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 吉田正はまず、室伏氏から手取り足取り指導してもらいながら、体の張りや状態を確認。さらに、手にした紙風船をつぶさないように腰を落として体を動かす体幹トレーニングに取り組んだ。重さ10キロの大型の金槌を振り下ろしながら途中で静止させる独特なメニューもこなし、室伏氏は「体だけ作り上げてもダメ。動きが良くないと」とポイントを説明。吉田正は「充実の日々を過ごせている。まだまだ使えていない部分もあるので、持ち帰って時間を見つけてやっていきたい」と話した。

 プロ入りから腰痛に苦しんできた吉田正が、直接手紙を送ったことで16年オフから「室伏塾」が開講。17年11月には腰椎椎間板ヘルニアの摘出手術を受けたが、翌18年からは2年連続で全試合に出場。この2年間で計55本塁打、打率.322と数字上でも、鉄人とのタッグによる効果を感じている。今季の目標を問われると、チームのAクラス入りと個人タイトルの奪取を掲げた。

 吉田正は19年11月の国際大会「プレミア12」で侍ジャパンの一員として優勝を経験。いよいよ今年は五輪イヤーを迎えた。日の丸への思いを問われ「結果を出して選んでもらえるように。五輪に出場して(室伏氏に)いい報告ができるようにしたい」と抱負。五輪の大会組織委員会スポーツディレクターも務める室伏氏も「五輪イヤーということで活躍が期待される。少しでも手助けしたい」と期待した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」