野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

佐々木、奥川にライバル心 U-18から誕生した“ドラ1”4人の気になる現在地

ロッテ・佐々木朗希投手、ヤクルト・奥川恭伸投手ら高卒ルーキーたちもそれぞれキャンプ地へと入った。石垣で佐々木朗は合同トレから走り込みやキャッチボールで汗を流した。奥川は新人合同トレ中で確認された右肘の軽い炎症のため、2軍スタート。何もスタートがすべてではない。焦らずにじっくりと調整を進めてほしい。

高卒ドラフト1位で唯一キャンプ1軍スタートとなったロッテ・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
高卒ドラフト1位で唯一キャンプ1軍スタートとなったロッテ・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

DeNA・森、阪神・西純、オリ・宮城、中日・石川昂はそれぞれ2軍で土台作り

 ロッテ・佐々木朗希投手、ヤクルト・奥川恭伸投手ら高卒ルーキーたちもそれぞれキャンプ地へと入った。石垣で佐々木朗は合同トレから走り込みやキャッチボールで汗を流した。奥川は新人合同トレ中で確認された右肘の軽い炎症のため、2軍スタート。何もスタートがすべてではない。焦らずにじっくりと調整を進めてほしい。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 高校球界のトップを走っていた選手たちも、それぞれの2月1日のキャンプインを様々な思いで迎える。韓国・機張で戦ったU-18のW杯のメンバーからプロ志望届を提出した14名のうち6名が1位で指名され、13名がプロ入り。他にも名門大学、社会人チームに進み、彼らの背中を追いかけている選手もいる。1位指名を受けた他の4人はDeNAの森敬斗内野手(桐蔭学園)、阪神・西純矢投手(創志学園)、オリックス・宮城大弥投手(興南)、中日・石川昂弥内野手(東邦)。彼ら4人も2軍からキャンプのスタートを切る。

 DeNAの森は、けがなく新人合同自主トレを終え、充実した様子だ。今年中の1軍出場を目標としており「甘くない世界だと分かっている。明確な目標があった方が取り組みもよくなる」と高みを目指していく。ラミレス監督も「うちのチームのいいところは、若い選手からベテランまで結果を出せばチャンスがもらえること」と話しており、目標達成への期待はできそうだ。DeNAのキャンプには特別コーチとして元インディアンスの名手、オマー・ビスケル氏が1、2軍を指導する予定となっており、レジェンドからどのように技術を吸収するかも注目だ。

 阪神の西純は高知・安芸市でキャンプイン予定。新人合同トレでは順調に調整を進め、キャンプに備えた。W杯では投手としてチーム最多の13回1/3を投げ、17三振、防御率1.35。打者としても打率.500(12打数6安打)2本塁打、9打点の活躍で大会本塁打王になったポテンシャルを持っており、プロの空気に慣れれば、球界を代表するプレーヤーになることは容易に想像できる。今年の阪神の新人は全選手が2軍スタート。しっかりと土台を作って、成長を期待したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」