野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 年俸総額400億円の夢の競演! トラウトらMLB公式予想の21年WBC米国代表が凄い

年俸総額400億円の夢の競演! トラウトらMLB公式予想の21年WBC米国代表が凄い

侍ジャパンの最大のライバル? MLB公式サイトは30日(日本時間31日)、2021年の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の米国代表を予想。エンゼルスのマイク・トラウト外野手をはじめ、ヤンキースのゲリット・コール投手、アーロン・ジャッジ外野手らが選出され、年俸総額400億円のドリームチームとなっている。

ドジャースのコディ・ベリンジャー、エンゼルスのマイク・トラウト、アストロズのジャスティン・バーランダー(左から)【写真:Getty Images】
ドジャースのコディ・ベリンジャー、エンゼルスのマイク・トラウト、アストロズのジャスティン・バーランダー(左から)【写真:Getty Images】

MLB公式サイトのモロシ記者がトラウト、ベリンジャー、ジャッジ、バーランダーをWBC米国代表に選出

 侍ジャパンの最大のライバル? MLB公式サイトは30日(日本時間31日)、2021年の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の米国代表を予想。エンゼルスのマイク・トラウト外野手をはじめ、ヤンキースのゲリット・コール投手、アーロン・ジャッジ外野手らが選出され、年俸総額400億円のドリームチームとなっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 米国ドリームチームを作ったのはMLB公式サイトのジョン・モロシ記者。昨秋のプレミア12の取材で来日するなど代表チームへの思い入れが強い敏腕記者が選んだのは、まさに夢のメンバーだ。野手ではエンゼルス・トラウト、ドジャース・ベリンジャーの両リーグMVPをはじめ、前回大会で初優勝に貢献したロッキーズ・アレナドら錚々たる面々を選んでいる。同記者は次のように寸評を加えている。

「アレナドは球界でトップ5に入る選手で、2017年にアメリカの優勝に貢献した」

「トラウトは世界最高の選手。彼がロースターに入るための権利は疑う余地はない(もし彼が望むのあればという話だが)。イエリッチは2017年のアメリカの優勝に貢献し、それ以降、(フィリーズの)ハーパーを上回る活躍をしている」

 投手ではアストロズのバーランダー、メッツのデグロムと昨季サイ・ヤング賞に輝いた両右腕をはじめ、投手史上最高額となる9年総額3億2400万ドル(約354億7000万円)でヤンキース入りしたゲリット・コール、前回大会でMVPに輝いたメッツのストローマンら14投手を選んでいる。「バーランダーはWBCで登板した経験はない。そして、今回は登板することを選ぶ可能性もある。なぜなら、彼は事実上、キャリアにおいてそれ以外のことは全て成し遂げてきたからだ」と通算225勝右腕の参戦を期待している。

 毎回出場辞退選手が続出するWBC代表。それでも、これだけのメンバーが集まれば……。野球ファンなら1度は見てみたいドリームチームなのは間違いない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」