野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ビール売り子が華麗に転身 球団担当者も期待する輝く「笑顔」【鷹ハニーズ名鑑】

スタジアムを彩る「華」となる各球団のチアリーダーたち。華麗なダンスやパフォーマンスとその美貌でファンを魅了し、各球団とファンを繋ぐ架け橋として活動している。4年連続日本一を目指すソフトバンクにとってはオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」がそれにあたる。

ハニーズの「HINA」さん【写真:福谷佑介】
ハニーズの「HINA」さん【写真:福谷佑介】

昨年までヤフオクドームでビールの売り子だった「HINA」さん

 スタジアムを彩る「華」となる各球団のチアリーダーたち。華麗なダンスやパフォーマンスとその美貌でファンを魅了し、各球団とファンを繋ぐ架け橋として活動している。4年連続日本一を目指すソフトバンクにとってはオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」がそれにあたる。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 その「ハニーズ」の2020年度メンバーが決定し1月28日にお披露目された。新規メンバー7人、昨季からの継続メンバー12人の計19人。昨季以上に美女揃いとなった今季のメンバーたちの魅力を1人1人、紹介していく。

 第3回は新メンバーの「HINA」さんだ。

・HINAさん(1年目、熊本県出身)

 キュートな笑顔が印象的なハニーズ1年生の「HINA」さん。もともとはヤフオクドームでビールの売り子として働き、そしてハニーズへと転身するという異色の新メンバーだ。

 子供の頃からホークスファンだったという彼女。家族でドームへ応援に駆けつけ、選手に声援を送っていた。その時からハニーズに「見ていて憧れていました」という。

 ハニーズへの思いは、ビールの売り子として働いている時に膨らんでいった。「見ていてキラキラしていてイイなと思っていました」。売り子も5回終了時に行われる「ウーハーダンス」を一緒に踊る。「お客さんに向かってダンスをすると応えてくれて、それが楽しかったんです。ハニーズとして思い切ってダンスしたいなと思いました」とハニーズに応募、見事にオーディションを突破して合格を掴み取った。

 12球団のチアチームの中でもダンスのレベルが高いと言われるハニーズ。だが、HINAさんのダンス経験は豊富ではない。「スクールとかに通ったことはないですし、学生時代にサークルでやっていたくらいです」。それでも、審査員たちが光るものを見出し、メンバーに選んだ。

 学生時代に4年間、売り子として働いてきた「HINA」さん。「笑顔がいいと保育園の頃から周りの人に言ってもらっていました。売り子をしている時も、バイト先でも笑顔がいいと言ってもらっているので、笑顔にはちょっと自信を持っています」と、その笑顔が最大の魅力だ。

 ハニーズOGで現在、球団でハニーズを担当するエンターテインメント推進課の関まどかさんも「笑った時の表情に可愛らしさと親しみやすさがある子です。ダンスはまだまだ練習が必要ですが、その笑顔でファンを魅了してくれると思います」と彼女の魅力を語っている。

 ダンスに関してはまだ練習が必要で、HINAさん自身も「正直、大丈夫なのかな、という感じです。差は感じるので、人一倍頑張らないといけないと思っています」と自覚する。ただ、ハニーズとしての活躍の場はダンスだけにあらず。「ダンスのスキル面では劣っていたのに、それでも選んでいただいたというのは私自身の何かを見てもらったという事だと思うので、自分らしさを出していきたいなと思います」。HINAさんらしさ忘れず、ファンと球団を繋ぐ役割を果たしていく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」