野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リハビリ組の鷹柳田、キャッチボールで強い送球披露 「いい感じ、でしたよね?」

ソフトバンク柳田悠岐外野手が宮崎春季キャンプの4日、キャッチボールで外野守備を意識した送球を繰り返し「いい感じ」と満足そうな表情を見せた。柳田は昨年11月に右肘クリーニング手術をした影響などでB組で調整を続けている。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

柳田は昨年11月、右肘のクリーニング手術を受けた

 ソフトバンク柳田悠岐外野手が宮崎春季キャンプの4日、キャッチボールで外野守備を意識した送球を繰り返し「いい感じ」と満足そうな表情を見せた。柳田は昨年11月に右肘クリーニング手術をした影響などでB組で調整を続けている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 B組の投手陣にまじってキャッチボールを始めた柳田は、距離こそ塁間(約27.431メートル)程度だったが、力のあるボールを次々と高浪コーチのグラブに投げ込んでいった。横についたトレーナーにスマホで動画を撮ってもらっては、それを確認。後半は外野守備のチャージ→捕球→送球を意識しながら、数歩のステップを踏んで送球した。

 「いい感じ、でしたよね?」と記者に同意を求めるなど、納得のいくスローイングができたようだ。

 第1クールの日課となったランチタイム特打では「昨日よりいい打ち方ができた」と79スイング中19本の柵越え。打つ方の仕上がりは順調で、あとはトレーナーと相談しながらスローイングの距離を徐々に伸ばしていくだけだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」