野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武山川が激白、本塁打記録更新の“野望”「日本記録の数字は低いと思います」

西武山川が激白、本塁打記録更新の“野望”「日本記録の数字は低いと思います」

2年連続パ・リーグ本塁打王の西武・山川穂高内野手が、シーズン本塁打の日本記録更新の野望をFull-Countに明かした。

2年連続パ・リーグ本塁打王の西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
2年連続パ・リーグ本塁打王の西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

危機感も吐露「せっかくここまで来たのに、他人に取って代わられるのはイヤ」

 2年連続パ・リーグ本塁打王の西武・山川穂高内野手が、シーズン本塁打の日本記録更新の野望をFull-Countに明かした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「今年は飛距離とか、柵越え何発とかではない。(意識を)もっと高いところに置いてます。もし『柵越え何発』という原稿を書きたいときは、言ってください。練習の球なら、いつでも打てますから」

 宮崎・南郷キャンプ中の練習の合間、山川はそう言って、いたずらっぽく笑った。

 このオフからバットコントロールを向上させるため、通常のものより長いノック用のバットで打つことを取り入れている。昨季は、一昨年の自己最多47本塁打には届かなかったものの、43発を量産し2年連続タイトルを獲得。打点も同僚の中村剛也内野手の123に次ぐ、リーグ2位の120をマークした。一方で、打率は.256。本塁打、打点は球界トップクラスだけに、残る打率アップを目論んでいるのか。

「もちろん、打率も高いに越したことないですが、僕は今年が終わった時に、みんなが驚くような数字を出していたい。一番は、さらにホームランを打つために確実性を上げる。確実性が上がり、幅が広がって逆方向へも飛ぶようになれば、ホームランももっと出ると思ってやっている。その練習です」と力説した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」