野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1日50分の練習でプロ入りしたオリ育成右腕の挑戦 「プロでもそこは変わらない」

“1日50分”の練習でプロ入りした育成ルーキーが初のキャンプで充実した表情を見せていた。

オリックスの育成ドラフト2位・谷岡楓太【写真:荒川祐史】
オリックスの育成ドラフト2位・谷岡楓太【写真:荒川祐史】

育成ドラフト2位で入団した最速152キロ右腕・谷岡楓太

“1日50分”の練習でプロ入りした育成ルーキーが初のキャンプで充実した表情を見せていた。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「環境に慣れることは大変ですが、これまでやっていなかったトレーニングもあって楽しいですね」。

 オリックスの育成ドラフト2位・谷岡楓太(ふうた)投手。広島・武田高校では授業の兼ね合いもあり平日はわずか50分と限られた練習の中で最速152キロ右腕に成長した“原石”だ。

 キャンプ3日目には初めてブルペン入り。立ち投げで直球のみを投げ込んだがボールにはまだバラつきが見られた。オリックスは1、2軍が同じブルペンで投げ込む。谷岡は1軍首脳陣たちの視線も感じ取っていたようで緊張の“プロデビュー”となった。

 高校時代は走り込み、ブルペン投球はほとんど行うことはなかった。プロのキャンプでは高卒の育成ルーキーは基礎体力の強化がメインだが「イメージ通りに出来ています。1日はやっぱり長いですが新鮮な部分もあって楽しくやっています」と、これまでほとんど経験がなかった午前、午後と続く“1日練習”にも徐々に慣れてきた様子だった。

 谷岡は高校入学当初は1年秋で138キロ、2年春には148キロ、そして3年では最速152キロをマークするまで成長した。限られた練習環境の中で自分に合うトレーニングを見つけ取り入れてきたが「プロでもそこは変わらないと思います。良いものは取り入れて、やってみて自分に合わないものはやめておく。コーチの方にも言われているので、本当にいい環境で練習ができています」と、自らの信念を変えるつもりはない。

 初のキャンプで疲労困憊になってもおかしくないが寝る直前まで野球に没頭する。宿舎には自ら購入したバランスボール、トランポリンなどのトレーニング器具を持ち込み宿舎に帰ってからも体を鍛えているという。

 目標は160キロ。育成から支配下、そして1軍のマウンドを夢見る右腕は「まずはケガなくこのキャンプを乗り切って、実戦でも投げていきたいです」と笑顔を見せた。1日50分の練習時間から“解放”された谷岡の伸びしろは無限大だ。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」