野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・城島氏が熱投148球! 早出特打で期待の砂川リチャードらの打撃投手務める

ソフトバンクの城島健司会長付き特別アドバイザーが7日、今キャンプで初めて打撃投手を務めた。

コーチ陣の負担を減らすために、ひと肌脱いだ城島健司会長付き特別アドバイザー【写真:福谷佑介】
コーチ陣の負担を減らすために、ひと肌脱いだ城島健司会長付き特別アドバイザー【写真:福谷佑介】

早出で打撃投手を務めるコーチ陣の負担を減らすためにひと肌脱いだ城島氏

 ソフトバンクの城島健司会長付き特別アドバイザーが7日、今キャンプで初めて打撃投手を務めた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 早出特打に姿を見せると、室内練習場で栗原陵矢捕手に62球を投げると、さらには砂川リチャード内野手に対しても39球、九鬼隆平捕手にも47球を投じた。早出で打撃投手を務めるコーチ陣の負担を減らすために、ひと肌脱いだ城島アドバイザー。計148球の熱投だった。

 城島アドバイザーの打撃投手登板には報道陣も大注目。カメラの列が並び、1球投じるごとにシャッター音が室内練習場に鳴り響いていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」