野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

バレンティンはイメージと真逆の「真面目」 鷹通訳が語る素顔と移籍秘話

3年ぶりのパ・リーグ優勝、そして4年連続の日本一を狙う2020年のソフトバンク。王座奪還を目指す今季に向けて、補強の目玉として加入したのが、ヤクルトで通算288本の本塁打を打ったウラディミール・バレンティン外野手だった。

ソフトバンクのウラディミール・バレンティンと青木レオナルド通訳【写真:福谷佑介】
ソフトバンクのウラディミール・バレンティンと青木レオナルド通訳【写真:福谷佑介】

鷹通訳が明かしたバレンティンの知られざる素顔

 3年ぶりのパ・リーグ優勝、そして4年連続の日本一を狙う2020年のソフトバンク。王座奪還を目指す今季に向けて、補強の目玉として加入したのが、ヤクルトで通算288本の本塁打を打ったウラディミール・バレンティン外野手だった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 王貞治球団会長が持っていたプロ野球のシーズン最多本塁打記録を更新し、ヤクルト在籍9年間で8度の30本塁打超、3度の本塁打王という輝かしい実績を残してきた大砲だ。日本一になりたい、という大きな夢を持って、ソフトバンクを新天地へと選んだ。

 そのバレンティン。ソフトバンク入団が決まった際に、自身のインスタグラム上で感謝のメッセージを送った人物がいた。1人が尊敬する王貞治会長とヤクルト時代にチームメートだった川島慶三内野手、そして、ソフトバンクの通訳を務める青木レオナルド氏だった。

 現在、宮崎で春季キャンプを行うソフトバンク。初日からキャンプに参加しているバレンティンの横に付き添う青木レオナルド氏に2人の縁や、ソフトバンク入団までに2人の間にあった知られざるエピソードを聞いた。

 2007年からMLBタイガースの日本担当スカウトになり、2010年に楽天、2011年からの3年間はDeNAで通訳を務めてきた青木レオナルド氏。DeNAではターメル・スレッジやトニ・ブランコを担当していた。

 バレンティンとの交流は2011年まで遡る。この年、ヤクルトに加入したバレンティンと通訳を務めていた青木レオナルド氏は、同じスペイン語を話すこともあって良く会話を交わす仲になった。試合後には食事にも行き、様々な話をしてきた。オフになっても連絡を取り合うなど、友人として仲を深めてきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」