野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 難航する前田健太の移籍、どうなる? 米記者は8日にも“トレード成立”と報じる

難航する前田健太の移籍、どうなる? 米記者は8日にも“トレード成立”と報じる

ドジャースの前田健太投手、レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手、デビッド・プライス投手らが絡む大型三角トレードは最終局面で難航しているが、米メディアは7日(日本時間8日)にも正式に成立するとレポート。ツインズからレッドソックスに移籍予定の剛腕ブラスダー・グラテロルの身体検査で異常が発覚したことが難航の原因とされているものの、剛腕代理人は健康上に問題はないと断言している。

複数球団が絡む大型トレードの正式発表が待たれる前田健太【写真:Getty Images】
複数球団が絡む大型トレードの正式発表が待たれる前田健太【写真:Getty Images】

前田がツインズ移籍、Rソックスのベッツ&プライスがドジャース移籍と伝えられるも…

 ドジャースの前田健太投手、レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手、デビッド・プライス投手らが絡む大型三角トレードは最終局面で難航しているが、米メディアは7日(日本時間8日)にも正式に成立するとレポート。ツインズからレッドソックスに移籍予定の剛腕ブラスダー・グラテロルの身体検査で異常が発覚したことが難航の原因とされているものの、剛腕代理人は健康上に問題はないと断言している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今回のトレードについては、4日(同5日)に米メディアが一斉にレポート。前田がツインズに移籍するほか、ドジャースは23歳のアレックス・ベルドゥーゴ外野手をレッドソックスへ放出し、18年MVPのムーキー・ベッツ外野手、通算150勝左腕デビッド・プライス投手を獲得すると伝えられている。

 さらに、ツインズからは21歳の若手有望株グラテロルがレッドソックスに移籍すると報じられたが、正式発表は未だなし。この大型トレードを受けて、エンゼルスは昨季36本塁打、通算123本塁打を誇るジョク・ピーダーソン外野手、先発右腕ロス・ストリップリング投手をトレード獲得することが伝えられていたが、こちらも暗礁に乗り上げていた。

 その原因として、米全国紙「USAトゥデー」の名物記者、ボブ・ナイチンゲール氏は6日(同7日)にツイッターで「ピーダーソンとストリップリングのエンゼルス移籍が足止めを喰らっている原因は、ベッツ、プライスのトレードだけである。ドジャースはベッツを獲得したことが決まるまでは、ピーダーソンをトレードすることはできない。その契約は、グラテロルの医療記録に関してレッドソックスが懸念を抱いているため、(契約発表が)延期となっている」と自身のツイッターでレポート。グラテロルの身体検査で異常が発覚したことが理由だと伝えていた。

 しかし、同記者は7日に「球団によると、ムーキー・ベッツ/デビッド・プライスのレッドソックス-ドジャースのトレードはついに今日正式となる見込み。つまり、ドジャースからエンゼルスへのジョク・ピーダーソン/ロス・ストリップリングのトレードも正式となる」と再びツイート。さらに、ジョン・ヘイマン記者は「スコット・ボラス代理人:ブラスダー・グラテロルは2019年最後の数週間に『制限なし』でメジャーリーグで100マイル(約161キロ)投げていた。大きなメディカル面の懸念はない。『彼らはざっとメディカルレコードを確認しただけだが、彼を診た整形外科医はこの先問題ないと語ったことに言及した』」とつぶやいた。グラテロルの代理人を務める“剛腕”スコット・ボラス氏が、剛腕の体に問題はないと主張したというのだ。

 大型トレードは成立に向けて前進しているようだが、移籍する選手が変更になる可能性もまだ残されている。前田は果たしてどうなるのだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」