野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

世界3位の実力誇る新メンバー  魅力は「無邪気な笑顔、豊かな表情」【鷹ハニーズ名鑑】

スタジアムを彩る「華」となる各球団のチアリーダーたち。華麗なダンスやパフォーマンスとその美貌でファンを魅了し、各球団とファンを繋ぐ架け橋として活動している。4年連続日本一を目指すソフトバンクにとってはオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」がそれにあたる。

ハニーズの「MAO」さん【写真:福谷佑介】
ハニーズの「MAO」さん【写真:福谷佑介】

学生時代にロサンゼルスで行われた世界大会で3位に入ったMAOさん

 スタジアムを彩る「華」となる各球団のチアリーダーたち。華麗なダンスやパフォーマンスとその美貌でファンを魅了し、各球団とファンを繋ぐ架け橋として活動している。4年連続日本一を目指すソフトバンクにとってはオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」がそれにあたる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 その「ハニーズ」の2020年度メンバーが決定し1月28日にお披露目された。新規メンバー7人、昨季からの継続メンバー12人の計19人。昨季以上に美女揃いとなった今季のメンバーたちの魅力を1人1人、紹介していく。

 第6回は新メンバーの「MAO」さんだ。

・MAOさん(1年目、福岡県出身)

 地元・福岡県出身で表情の豊かさが可愛らしい「MAO」さん。学生時代にはダンスで、なんと世界大会にも出場した経験のある、新メンバーでも屈指のダンスの腕前を誇る。

 彼女がハニーズを目指すキッカケとなったのが、ソフトバンクの一大人気イベントとなっている「鷹の祭典」。「一昨年、去年と鷹の祭典に出させていただく機会があって、そのときにハニーズを見て、大勢のお客さんの前で踊ってみて達成感、快感、嬉しさを感じました」。4万人の大観衆の前でパフォーマンスする喜び、楽しさに目覚めた。

 もともとは人前で踊ることを苦手としていたMAOさん。「人前に立って踊ることが緊張しちゃって苦手で、学校を卒業したら趣味としてやっていこうと思っていたんです」。だが、この「鷹の祭典」での経験で気持ちが一変。「2年目にまた踊って、よりその思いが強くなりました」。多くのファンを盛り上げるハニーズを目指すことを決めた。

 ダンスの腕前は相当なものがある。学生時代にはダンスの超名門校に通い、米国ロサンゼルスで行われた世界大会にも出場。世界で3位に入った。名門校だけあって競技以外の面でも指導は厳しかった。「礼儀とか、ダンスを固める前に自分自身を固めていかないといけない、と。人間性、情熱とか性格とかがダンスには出ると思います」。新メンバーの中でもしっかり者のようだ。

 ハニーズOGで現在、球団でハニーズを担当するエンターテインメント推進課の関まどかさんは彼女の魅力について「無邪気な笑顔もそうですけど、表情がとても豊か。女性も可愛いと思うタイプの女の子だと思います」という。「MAO」さんも自身の武器について「『笑顔がいい』、と友達とかにはすごく言われます。あとは明るさ。誰とでも喋れて、仲良くなれます」と語っている。

「継続メンバーとの差を感じます」という「MAO」さん。世界3位の実力者でも、差を感じるほど、ハニーズのレベルは高い。「まずは少しでも理想のハニーズに近づけるようにレベルアップして、1年後には自信を持って『ハニーズです』と言えるようになりたい。継続メンバーに負けないように頑張りたいと思います」と、1年目での奮闘を誓った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」