野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャース主砲が“サイン盗み”アルトゥーベを痛烈批判 「ジャッジからMVPを奪った」

ドジャース主砲が“サイン盗み”アルトゥーベを痛烈批判 「ジャッジからMVPを奪った」

ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手がメジャーを揺るがしているサイン盗み問題に言及。17年にMVPを獲得したアストロズのホセ・アルトゥーベ内野手について「ジャッジからMVPを奪った」と痛烈に批判した。米ヤフースポーツなどが報じている。

ドジャースのコーディ・ベリンジャー【写真:Getty Images】
ドジャースのコーディ・ベリンジャー【写真:Getty Images】

ドジャースは17年にワールドシリーズでアストロズに敗れていた

 ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手がメジャーを揺るがしているサイン盗み問題に言及。17年にMVPを獲得したアストロズのホセ・アルトゥーベ内野手について「ジャッジからMVPを奪った」と痛烈に批判した。米ヤフースポーツなどが報じている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ベリンジャーは14日(日本時間15日)、メディア取材に応じ、アストロズのサイン盗み問題に言及。「みんな知らないだろうけど、2017年にアルトゥーベはジャッジからMVPを奪ったんだよ」と、サイン盗みによってアルトゥーベがMVPを受賞したものだと糾弾。同年MVP投票で2位につけていたヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手から「奪った」ものであると非難。

 さらに、「みんなも知ってるように、ドジャースからは(チャンピオン)リングを奪った」と、ワールドシリーズ制覇を後一歩のところで逃した17年を回顧し、アストロズを批判している。

「マンフレッドの(アストロズに対する)処分は甘いよ。彼らを免責させたなんてね。彼らは3年もズルしてたのに」

 アストロズのサイン盗み問題では、ジェフ・ルーノー前GMとAJ・ヒンチ前監督がMLB機構から1年間の報酬なしの停職、球団には2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億4860万円)が科されたものの、当時の選手たちに対しての処分は科されていない。これが不十分であるとMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏に対しての不満も口にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」