野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍ガードナー、“恐怖体験”で妄想癖女を出禁へ 既婚者と知っても「それは関係ない」

ヤ軍ガードナー、“恐怖体験”で妄想癖女を出禁へ 既婚者と知っても「それは関係ない」

ヤンキースのブレット・ガードナー外野手が恐ろしい体験を明かした。ニュージャージー州の最大手メディア「NJ.com」によれば、ガードナーは裁判官に熱狂的な女性ファンを自身と家族から遠ざけることを求め、球団も全球場で出入り禁止処分とすることを望んでいるという。

ヤンキースのブレット・ガードナー【写真:Getty Images】
ヤンキースのブレット・ガードナー【写真:Getty Images】

私はガードナーの「大事な人」…クラブハウス侵入未遂、球団やMLBに訴え

 ヤンキースのブレット・ガードナー外野手が恐ろしい体験を明かした。ニュージャージー州の最大手メディア「NJ.com」によれば、ガードナーは裁判官に熱狂的な女性ファンを自身と家族から遠ざけることを求め、球団も全球場で出入り禁止処分とすることを望んでいるという。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ガードナーの弁護士はブロンクス民事裁判所で、女性ファンのジーナ・デバサハヤンさんに対する接近禁止命令を求めた。デバサハヤンさんは自身がガードナーの「将来の妻」で、ガードナーがフィールドから性的「シグナル」を送っていると主張しているという。しかし、2人は会ったことすらないという。

 博士号取得者でバイオテク起業家だと自称する46歳のデバサハヤンさんは昨年8月、ガードナーに会うためにオリオールズの本拠地カムデンヤーズでビジターのクラブハウスに忍び込もうとし、警備員がスタジアムから追い出したという。さらに10月にはヤンキースタジアムでプレーオフの試合観戦を拒否され、球団とガードナー、MLBを訴えていた。

 その訴状は妄想そのもので、「私はヤンキースファンであり、ブレット・ガードナーの将来の妻でもあります」と記してあったそうだ。さらにデバサハヤンさんは、ヤンキースがガードナーに近づくことを邪魔している、ヤンキースがツイッターアカウントにハッキングして知的財産を奪ったとも主張しているといい、球団はこの訴訟の棄却を求めていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」