野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 昨季.203のパイレーツ26歳外野手がドーピング違反 80試合の出場停止処分

昨季.203のパイレーツ26歳外野手がドーピング違反 80試合の出場停止処分

パイレーツのパブロ・レイエス外野手が19日(日本時間20日)、禁止薬物への陽性反応を示し、80試合の出場停止処分を科された。AP通信が伝えている。

パイレーツのパブロ・レイエス【写真:Getty Images】
パイレーツのパブロ・レイエス【写真:Getty Images】

18日には同じ薬物を使用したアストロズのマルテスも出場停止処分

 パイレーツのパブロ・レイエス外野手が19日(日本時間20日)、禁止薬物への陽性反応を示し、80試合の出場停止処分を科された。AP通信が伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季メジャー3年目を迎える26歳は筋肉増強剤ボルデノンを使用し、陽性反応を示した。昨季は71試合に出場し29安打2本塁打19打点、打率.203の成績だった。レイエスは40人枠に入っていたが、ギレルモ・エレディア外野手獲得に伴い1月9日(同10日)に外されていた。

 また、17日(同18日)には、アストロズのフランシス・マルテス投手も同じくボルデノンの使用が発覚。自身2度目の禁止薬物使用で162試合の出場停止処分を受けていた。

(Full-Count編集部=AP)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」