野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA濱矢&笠井の爆笑トーク メキシコ・豪州ウインターリーグあるある話【前編】

DeNA濱矢&笠井の爆笑トーク メキシコ・豪州ウインターリーグあるある話【前編】

ここ数年、NPBではオフになると海外のウインターリーグに参加する若手選手が増えてきた。DeNAでは、2015年オフに筒香嘉智(現レイズ)がドミニカ共和国へ、2017年には乙坂智がメキシコへ渡り、慣れない環境で揉まれてきた。また、2018年にはオーストラリアン・ベースボールリーグのキャンベラ・キャバルリーと戦略的パートナーシップを締結し、同オフから選手を派遣。豪州を経験した今永昇太は昨季、大きな飛躍を遂げた。

DeNA・濱矢廣大(左)と笠井崇正【写真:津高良和】
DeNA・濱矢廣大(左)と笠井崇正【写真:津高良和】

海外で武者修行を積んだ2投手が振り返る貴重な経験とは…

 ここ数年、NPBではオフになると海外のウインターリーグに参加する若手選手が増えてきた。DeNAでは、2015年オフに筒香嘉智(現レイズ)がドミニカ共和国へ、2017年には乙坂智がメキシコへ渡り、慣れない環境で揉まれてきた。また、2018年にはオーストラリアン・ベースボールリーグのキャンベラ・キャバルリーと戦略的パートナーシップを締結し、同オフから選手を派遣。豪州を経験した今永昇太は昨季、大きな飛躍を遂げた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 このオフもまた、豪州には阪口皓亮、大貫晋一、平田真吾、笠井崇正の4選手が派遣され、メキシコには関根大気、濱矢廣大の2選手が渡った。日本とは言葉も文化も違う土地で、選手はどんな経験をしてきたのかだろうか。

 そこで豪州組を代表して4年目右腕の笠井崇正、メキシコ組を代表して7年目右腕の濱矢廣大の2投手が、互いの経験を語る対談を実施。日本野球との違いや海外あるあるなど、幅広いトピックスに及ぶ爆笑トークを展開した。まずは前編から。

 ◇ ◇ ◇

――今回はお二人の貴重な経験を思う存分、語っていただこうと思います。宜しくお願いします。

濱矢・笠井「宜しくお願いします!」

――まず濱矢投手。メキシコリーグはどんな場所でしたか?

濱矢「バッターは体が大きいですし、日本とはスイングも違いますけど、投げている僕からすると、やっている野球自体はそんなに大きく変わらない感じはしました。チームの雰囲気はベンチがものすごく自由な感じで、騒いでいる人もいれば、お菓子を食べている人もいる。日本ではなかなか見ない光景で、そこはちょっとビックリしましたね(笑)」

――日本でお菓子を食べている人は見ませんね(笑)。

濱矢「ですよね。ベンチの床にヒマワリの種の殻とかメチャクチャ落ちていて、ビックリしましたね。メジャーリーグも一緒ですよね。多分、ゴミはゴミ箱に捨てるっていう感覚がないのかな」

笠井「オーストラリアも同じでしたね。ベンチもブルペンもヒマワリの種の殻だらけだし、紙コップもそのまま床に投げ捨ててあるので」

濱矢「紙コップを床に飛ばして、コマみたいに回している人もいて」

笠井「オーストラリアにもいました」

濱矢「そういう人ばっかりだったよ(笑)」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」