野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 筒香嘉智、メジャーの環境に手応え「ここまでは順調」 実戦デビュー終えての一問一答

筒香嘉智、メジャーの環境に手応え「ここまでは順調」 実戦デビュー終えての一問一答

DeNAからレイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地でのヤンキースとのオープン戦に「5番・左翼」でスタメン出場。1打数1安打1四球と“出塁率10割”デビューを飾った。第1打席では93マイル(約150キロ)の速球を叩き、投手強襲の初安打をマークするも「本当はゴロになってはいけない球」と辛口の採点で振り返った。

オープン戦に先発出場しヒットを放ったレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
オープン戦に先発出場しヒットを放ったレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

メジャーの環境にも対応「ここまでは順調に来ている」

■レイズ 9-7 ヤンキース(オープン戦・日本時間24日・シャーロット)

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAからレイズへ移籍した筒香嘉智外野手が23日(日本時間24日)、本拠地でのヤンキースとのオープン戦に「5番・左翼」でスタメン出場。1打数1安打1四球と“出塁率10割”デビューを飾った。第1打席では93マイル(約150キロ)の速球を叩き、投手強襲の初安打をマークするも「本当はゴロになってはいけない球」と辛口の採点で振り返った。

 念願の“メジャーデビュー”を果たした筒香は、環境への順応に手応えを感じつつも、冷静にこの日を振り返った。

 以下は一問一答。

――オープン戦とはいえ久しぶりの実戦、準備は?

「ストライクゾーンの違いもこれから確認しないといけないですし、やっり日本のピッチャーとアメリカ人のピッチャーはタイミングが違うと思うので、そのタイミングの違いと、同じ球種でも軌道が全く違ってくるので、そういうところをこれから開幕までにしっかり確認したいと思っています」

――今日の試合を終えて、実感は?

「まだ2打席なので、なんともわからないですけど、数を多く重ねていくことでわかることもあると思うので、まだ今日の段階ではわからないですね」

――第1打席、初ヒットを振り返って

「そんなに感情はないですけど、まだ1試合目ですし良い投手もこれからたくさん出てくると思うので、そういう中で日々起きることをしっかり修正しながらやっていきたいと思います」

――ストライクゾーンは自身のイメージとギャップがある?

「どうなんでしょうね、もちろん日本人の審判の方も、審判によってストライクゾーンは違いますし、こちらの方も審判によって違うと思うので。その大体のストライクゾーンは確認できると思いますけど、最後の細かいところは個人になると思うのでそういうところをしっかり勉強しながらやっていきたい」

――ベンチでは笑顔も見られた。ファンにも手を振り返していたが?

「シーズン中にああやってもらえるように良い準備をしたい」

――オープン戦終えて、良いスタートを切れた?

「まだスタートという感じではないですけど、ここまでは順調に来ているかなとは思っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」