野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 渦中のサイン盗み“告発”投手、2年前にRソックス主砲に疑惑を打ち明けていた

渦中のサイン盗み“告発”投手、2年前にRソックス主砲に疑惑を打ち明けていた

その発端は2015年途中から17年までアストロズに在籍し、現在はアスレチックスでプレーするマイク・ファイアーズ投手の“告発”だった。昨年秋にファイアーズがメディアに明かしたことによりサイン盗みは明るみになったのだが、実は2018年ア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)前にレッドソックスの主砲JD・マルティネス外野手にアストロズのサイン盗みについて話していたという。米メディア「NBCスポーツ」が伝えている。

レッドソックスのJD・マルティネス【写真:Getty Images】
レッドソックスのJD・マルティネス【写真:Getty Images】

JD・マルティネスはア軍との18年ALCS前にファイアーズから伝えられたという

 その発端は2015年途中から17年までアストロズに在籍し、現在はアスレチックスでプレーするマイク・ファイアーズ投手の“告発”だった。昨年秋にファイアーズがメディアに明かしたことによりサイン盗みは明るみになったのだが、実は2018年ア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)前にレッドソックスの主砲JD・マルティネス外野手にアストロズのサイン盗みについて話していたという。米メディア「NBCスポーツ」が伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 記事によると、ファイアーズが、アストロズのサイン盗みについて警告を鳴らしたのは昨年11月が初めてではなかった。「アストロズが、ゴミ箱の力を大いに借りて2017年ワールドシリーズを制覇した後、彼らは2018年のALCSでボストン・レッドソックスと対戦した。アストロズがその時まだ、不正をしていたとしても、レッドソックスはそのこと(サイン盗み)を既に知っていたので、問題なかった。しかし、レッドソックスがそのことについて知ったのは、当時の監督でアストロズが2017年に行ったサイン盗みの首謀者とされているアレックス・コーラからではなかった」と伝えている。

 コーラ氏は2017年にアストロズのベンチコーチとして世界一に貢献し、翌18年にレッドソックスの監督に就任した。アストロズのベンチコーチ時代にサイン盗みを“主導”したとして、このオフにレッドソックスの監督を退任している。

 記事によると、デジタルスポーツラジオ局「WEEL」の番組「オードウェイ、メローニ アンド フォーリア」 でJD・マルティネスは次のように語ったという。

「アレックス・コーラは僕らに影響を与えたことはなかった。彼はその話(サイン盗み)をしなかった。僕が知ったのは、プレーオフの時に友人のファイアーズが連絡してくれたからなんだ。彼は、『アストロズはこんなことをしてるから、君らはこうしないといけない』って。それで、僕は、『何だって! そんなことしてるのか?』ってなった」

 さらにこう続けている。

「コーラに軽く聞いてみたら、そのシステムについてちょっと話してくれた。クレイジーな話だよね。だから、コーラはプレーオフでアストロズと対戦した時はすごくリラックスしていたよ。だって、彼は、僕らが(サイン盗みに対して)準備が出来ているって知ってたからね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」