野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 筒香嘉智、無安打も初三塁で軽快守備 “遊撃初体験”に驚き「まさかというか…」

筒香嘉智、無安打も初三塁で軽快守備 “遊撃初体験”に驚き「まさかというか…」

レイズの筒香嘉智内野手が26日(日本時間27日)、本拠地ツインズ戦に「5番・三塁」で先発出場。2打数無安打で実戦3試合目で初の無安打に終わった。初めて就いた三塁の守備ではボテボテのゴロを1本軽快にさばいたほか、チームがシフトを敷いた際には初めて遊撃の位置で守るなど初めての体験もした。筒香は4回の打席を終えて退いた。

「5番・三塁」で出場したレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
「5番・三塁」で出場したレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

「5番・三塁」で出場した筒香は“変形シフト”を敷いた際に遊撃の位置で守った

■ツインズ 10-8 レイズ(オープン戦・日本時間27日・シャーロット)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レイズの筒香嘉智内野手が26日(日本時間27日)、本拠地ツインズ戦に「5番・三塁」で先発出場。2打数無安打で実戦3試合目で初の無安打に終わった。初めて就いた三塁の守備ではボテボテのゴロを1本軽快にさばいたほか、チームがシフトを敷いた際には初めて遊撃の位置で守るなど初めての体験もした。筒香は4回の打席を終えて退いた。

 筒香は2回の第1打席で左腕スメルツァーに対して見逃し三振。4回の第2打席は右腕ポッペンに対して三ゴロに倒れた。過去2試合で2打数2安打2四球、打率1.000だったが、この試合では快音は聞かれなかった。

「見逃し(三振)はボールかと。あの辺は行く(振る)のか我慢していくのか、難しい判断ですね」と反省を口にした。

 一方で、初めて就いた三塁の守備は多くの収穫を手にした。守備機会は1度。4回無死から、昨年の「プレミア12」米国代表で5番のブレント・ロッカーのボテボテのゴロを無難にさばいた。

「去年、DeNAでやっていたし、そんなに緊張感はなかった。もう少し強い打球を見たかったですが、あの距離感で試合を見られたのはよかったですね」

 そんな筒香が驚いたのは試合で“変形シフト”を敷いた際の守備位置。三塁の筒香が遊撃の位置で守ったが初めての体験だったという。

「まさかというか……三遊間は経験ありますけど、ショートはないです。(遊撃の)ウイリー(・アダメス)が全部指示してくれて助かりました。早く慣れていかないといけないですね」

 相手打者に応じて大胆なシフトを敷くのがメジャー。筒香も驚きの“遊撃初体験”だった。

(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」