野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

距離を置いたからこそ見えた阪神の姿 藤川球児が優勝にこだわるワケ「責務がある」

7月に東京オリンピック・パラリンピックが開催される今年、NPBは7月21日から8月13日までシーズンを一時休止する。24日間のブレイクがペナントレースにどんな影響を及ぼすのか、誰も分からない。そんな新たな経験が待つシーズンを前にしても、プロ22年目を迎える阪神・藤川球児は動じない。

阪神・藤川球児【写真:荒川祐史】
阪神・藤川球児【写真:荒川祐史】

米球界、独立リーグを経て再び阪神へ 「阪神に残っていたら…」

 7月に東京オリンピック・パラリンピックが開催される今年、NPBは7月21日から8月13日までシーズンを一時休止する。24日間のブレイクがペナントレースにどんな影響を及ぼすのか、誰も分からない。そんな新たな経験が待つシーズンを前にしても、プロ22年目を迎える阪神・藤川球児は動じない。

「怪我して何か月も空けたことあるし、トミー・ジョン(手術)の時は1年も空いたからね。僕はブランクは慣れてますよ(笑)。ただ、そういう経験を持つ選手がチームにいると、気持ち的に強いかもしれませんね」

 野球に限らず、何事も経験は侮れない。「ベテランは経験があるということ。辿ってみると、経験が物を言う部分は少なからずあると思いますよ」という右腕も、様々な経験を積み重ねた。高知商では甲子園出場、1998年ドラフト1位で阪神に入団し、リーグ優勝2度、守護神としても輝かしい成績を残し、日本代表として出場したWBCでは2度世界一に立った。2013年にはメジャーに渡り、2球団でプレー。独立リーグを経て、2016年から再び阪神のユニホームを身にまとい、欠かせない戦力として貢献している。

 もしメジャーに行かなければ、阪神に残って積めた経験があったかもしれない。すると、藤川は笑いながら首を横に振った。

「阪神に残っていたら、多分もう辞めてると思うね。そんなに上手くいかないわ、メンタルが。野球には飽きないけど、同じ環境の中でずっとみんなに見られている状態に、苦しさを感じてしまっていたんじゃないかと思います。たとえ家族であっても、10年間ずっと同じ部屋に入れられたら苦しくなって、外に出たくなるでしょ。そして、離れた時に改めて家族の大事さ、頼りがいが感じられる。離れてみて、初めて寂しさだったり、自分一人だとこんなもんなんだって感じたり、そういう経験をすることは必要ですよね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」