野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹サファテ「森より速い」 348日ぶり実戦復帰、最速144キロにも表情明るく

ソフトバンクのデニス・サファテ投手が3日、PayPayドームで行われたヤクルトとのオープン戦で348日ぶりに実戦復帰した。サファテの実戦登板は2019年3月21日の楽天とのオープン戦以来、348日ぶり。6回の1イニングを投げて1安打無失点、最速は144キロだった。

オープン戦に登板したソフトバンクのデニス・サファテ【写真:福谷佑介】
オープン戦に登板したソフトバンクのデニス・サファテ【写真:福谷佑介】

「自分の中でもまだ全力で投げていないし、まだ上がっていくと感じている」

■ソフトバンク 2-0 ヤクルト(オープン戦・3日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手が3日、PayPayドームで行われたヤクルトとのオープン戦で348日ぶりに実戦復帰した。サファテの実戦登板は2019年3月21日の楽天とのオープン戦以来、348日ぶり。6回の1イニングを投げて1安打無失点、最速は144キロだった。

 約1年ぶりの実戦マウンドを終えたサファテの表情は明るかった。「長い道のりだったし、緊張もしたし、色んな感情が湧いてきた。大きな一歩だと思う。痛みなく終われたことが大きな一歩。これからだと思う」。股関節の故障を乗り越え、実戦に戻ってきた充実感を漂わせた。

 6回から4番手としてマウンドに上がったサファテ。先頭の西田への初球は143キロ。2ボールからの3球目で遊飛に打ち取った。続く西浦には143キロの真っ直ぐを弾き返されて中前安打とされたが、中村の3球目で西浦が盗塁に失敗。2死となり、最後はこの日最速の144キロで中村を中飛に打ち取った。復帰登板は1イニングを投げて1安打無失点だった。

 2018年に右股関節の手術を受けた。昨春のキャンプ、オープン戦でもプレーしたが、回復が思わしくなく3月21日のオープン戦登板を最後に実戦から遠ざかっていた。6月には再離脱し、米国に帰国して治療、リハビリを続けていた。

 最速144キロだった真っ直ぐについては「スピードはまだこれから上がってくる。自分の中でもまだ全力で投げていないし、まだ上がっていくと感じている。この時点で森(唯斗)よりは速いからね。彼は全力で投げているのに。これは絶対に書いて」と、守護神の森唯斗投手をネタに笑いを取り、上機嫌だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」