野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ、小田&頓宮&ルーキー勝俣の一発でOP戦初勝利! ロッテは初回3連打も繋がらず

オリックスは3日、京セラドームでロッテとのオープン戦を行い6-2で勝利しオープン戦初勝利を手にした。先発の山本が5回2失点の投球を見せれば、打線は小田、頓宮に1号が飛び出した。

先発したオリックス・山本由伸(右)と若月健矢【画像:(C)PLM】
先発したオリックス・山本由伸(右)と若月健矢【画像:(C)PLM】

オリックスの先発・山本は初回に2点を失ったがその後は立ち直り5回2失点の好投

■オリックス 6-2 ロッテ(オープン戦・3日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 オリックスは3日、京セラドームでロッテとのオープン戦を行い6-2で勝利しオープン戦初勝利を手にした。先発の山本が5回2失点の投球を見せれば、打線は小田、頓宮に1号が飛び出した。

 先発の山本は味方の失策と3安打を集中され、いきなり2点を失ったが、その後は危なげない投球を見せ5回4安打6奪三振2失点の好投を見せた。

 打線は2回に小田が1号ソロを放つと、3回は1死一、二塁から吉田正の中前適時打、T-岡田の適時遊撃内野安打で逆転に成功。2点リードの7回には頓宮が左翼席へ特大の1号ソロ、8回にはルーキー勝俣にも1号ソロが飛び出しリードを広げた。

 この日、「4番・DH」で復帰戦となったジョーンズは2打数無安打に終わった。

 ロッテは先発の石川が4回6安打4失点(自責3)と課題を残した。打線は初回に福田秀、角中、マーティンの3連打などで2点を奪ったがその後は打線が繋がらなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」