野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、柵越え13本と圧巻打撃披露 推定145M場外弾に打撃コーチも「今までで最高」

大谷翔平、柵越え13本と圧巻打撃披露 推定145M場外弾に打撃コーチも「今までで最高」

エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、インディアンスとのオープン戦には出場せず、キャンプ地テンピの球場で打撃練習などを行い汗を流した。フリー打撃では36スイングの内、13本の柵越え弾を放った。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

打撃練習の合間にはマドン監督自ら直接アドバイスを送った

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、インディアンスとのオープン戦には出場せず、キャンプ地テンピの球場で打撃練習などを行い汗を流した。フリー打撃では36スイングの内、13本の柵越え弾を放った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 圧巻の打撃だった。5セット行われたフリー打撃では1セット目こそ快音は響かなかったものの、以降は3本→3本→3本→4本と軽々と柵越えの当たりを放った。36スイング中13本の柵越えという本数にも驚かされたが、度肝を抜いたのがその飛距離だ。

 この日、もっとも飛ばした当たりはセンターバックスクリーン上にあるネットを越えヤシの木に直撃する推定145メートルの“場外弾”となった。これを見守ったジェレミー・リード打撃コーチも「今までで最高」と興奮した。

 打撃の合間にはジョー・マドン監督からも直接アドバイスを受ける場面も見られた。オープン戦では、ここまで4試合に出場し8打数1安打6三振と結果を出せていないが、この日のフリー打撃では申し分のない順調な調整ぶりを披露した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」