野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「何をしていたか覚えていないプロ3年間」元ロッテ島孝明がぶつかった壁

3月の開幕に向けて、ルーキーの動向にも注目が集まる千葉ロッテマリーンズ。一方で、昨年まで汗を流していた選手の中に、野球と決別し、新たな人生へと進みだした男もいる。昨年限り、21歳の若さで現役を引退した元ロッテの島孝明投手がFull-Countのインタビューに応じた。現在は大学進学を目指し、受験勉強中だ。

21歳の若さで現役引退を決意した元ロッテ・島孝明さん【写真:編集部】
21歳の若さで現役引退を決意した元ロッテ・島孝明さん【写真:編集部】

21歳という若さで現役を引退し大学受験、新たな人生を歩む

 3月の開幕に向けて、ルーキーの動向にも注目が集まる千葉ロッテマリーンズ。一方で、昨年まで汗を流していた選手の中に、野球と決別し、新たな人生へと進みだした男もいる。昨年限り、21歳の若さで現役を引退した元ロッテの島孝明投手がFull-Countのインタビューに応じた。現在は大学進学を目指し、受験勉強中だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 島は150キロの直球を武器に、千葉・東海大市原望洋から2016年ドラフト会議でロッテに3位指名を受け、入団。高校時代は侍ジャパンにも選ばれた逸材で将来を期待された。しかし、けがなどに苦しみ、1軍登板はなし。昨シーズン後、育成契約を打診されたが、現役引退を決意した。前編では、島が現役ではなく引退を決断した理由を聞いたが、後半ではロッテ時代の3年間を振り返ってもらった。

――プロ野球3年間を一言で振り返ると?
「振り返れば一瞬でしたけれど、本当にもう3年かー、という感じです。でも、一年一年で本当にイベントがたくさんありました」

――振り返って楽しかった?辛かった?
「半々ですね。楽しいこともあったし、それだけじゃないというのが、やっぱりプロの世界でもあるので、どちらもありました」

――一番楽しかったことは?
「一番は、やっぱり3年目のオープン戦で初めてマリンスタジアムで投げられた、あの瞬間が一番楽しかったですね。自分のホームグラウンドでファンの方もいっぱいいて、一番良い思い出として残っています」

――そのマリンスタジアムは自身にとってどんな場所?
「地元の球場で一番馴染みのある所なので、いい思いも、よくない思いも本当に勉強をさせてもらいました」

――そのマリンスタジアムで浴びたプロの歓声って?
「いままで高校野球とかで、試合をしてきましたけれど、全然違ったものでした。雰囲気とか、見える景色もなぜかすごく新鮮でした」

――どう違った?
「ユニホーム… なんだろう。まず、マウンドに行くまでが車に乗っていくから違いました。その間に、ファンの近くも通るし、高校の時だったら、ベンチからひょいって走って行ったので。車に乗っているあいだに、何考えていいのかわからなかったです」

――リリーフカーに乗ったのも初めて?
「初めてでした。どうしたらいいのかわからなくて、歩いて行こうかな?と変な気持ちになりました」

――登場曲も流れて?
「曲も流してもらって、賑やかで常に音が流れていて、そこが違うところかなと思いました」

――マウンドでの気持ちは覚えている?
「さすがに覚えています。でも、ただ強気で投げるだけと決めていたので、それをあの1イニングの間に通してできたなと。全部ストレートだったし、うまく3人で抑えられました。終わった瞬間、すごくほっとしたなという思いがありました」

――あの時はキャンプも1軍でオープン戦も帯同して調子が良い時だった?
「良かったですね。1軍にいって全てが初めての体験だったので、那覇(1軍キャンプ地)に行ったこともなかったので、本当に毎日楽しみながらやれていました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」