野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ア軍が卑劣な“心理戦” サイン盗みでKOした投手へ「意図的に投球の癖を知らせた」

ア軍が卑劣な“心理戦” サイン盗みでKOした投手へ「意図的に投球の癖を知らせた」

アストロズのサイン盗みの余波は依然続いている。他球団の選手が続々と“怒り”の声をあげている。米メディア「ブリーチャー・レポート」によると、アストロズの選手が他球団の選手に「マインド・ゲーム」を仕掛けたこともあったという。オリオールズのアレックス・カッブ投手は“被害”の模様を激白している。米メディア「ブリーチャー・レポート」が伝えた。

サイン盗み問題の渦中にあるアストロズ【写真:Getty Images】
サイン盗み問題の渦中にあるアストロズ【写真:Getty Images】

アストロズ選手が他球団投手に連絡、「癖で球種がばれている」と伝えたという

 アストロズのサイン盗みの余波は依然続いている。他球団の選手が続々と“怒り”の声をあげている。米メディア「ブリーチャー・レポート」によると、アストロズの選手が他球団の選手に「マインド・ゲーム」を仕掛けたこともあったという。オリオールズのアレックス・カッブ投手は“被害”の模様を激白している。米メディア「ブリーチャー・レポート」が伝えた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カッブはレイズ在籍時の2017年7月31日にアストロズ戦で3回9安打8失点と炎上。この年にキャリアハイの12勝を挙げた右腕は同年オフにFAとなりオリオールズと4年総額5700万ドル(約61億円)で契約を結ぶのだが、この日だけは別人だった。ゴミ箱音を数えたサイン盗みスキャンダルのウェブサイトによると、アストロズはその試合で計28度ゴミ箱を叩き、カッブに対しては20度ほど叩いたという。そして記事では断じている。「アストロズがしていたのはサイン盗みだけではなかった。彼らは更なる嘘を重ねたのだ」。

 カッブが「ブリーチャー・レポート」に語ったところによると、この試合後、アストロズのある選手が連絡を取ってきたという。投手として「いいものを持っている」とカッブを褒めた上で、投球時の癖によって球種がばれていると指摘した。「どんなことかは具体的には言わなかった。『グラブに関することだ』とだけ言った」といい、カッブはそれが誰だったのか明らかにしていない。

 カッブはそう聞いて“ハッピー”に感じた。素晴らしいシーズンの途中で、何故あんなにも打たれたかが分かったと思ったからだ。しかし、翌日に登板して4失点したクリス・アーチャー投手(現パイレーツ)が米スポーツメディア「ジ・アスレチック」に、同じようなことが起きたと話したことを知った時、カッブはこう思ったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」